試合前のメニューを考える(まとめ2)

試合前のメニューを考える2

解説する女性

対象者が成人(最低でも高校生以上)の場合、試合数日前から高糖質食のメニューに切り替えます。
タンパク質の量は計算する必要はありません

必要エネルギー量を糖質中心でクリアするように考えましょう。メニュー構成のパターンを選んでごはん、パン、麺類、果物などを通常より多くしましょう。ごはん、パンなどの

主食のエネルギー量は主な主食のエネルギー量を参考にしてください。
必要なエネルギー量のうち、主食の占める割合を増やすことで高糖質食になります。

対象者が子供の場合

タンパク質いろいろ

ただし、対象者が子供(小中学生の場合)は成長のためのタンパク質が必要ですから、高糖質食にするのは早くても試合の前日からにしましょう。
前日からの食事の糖質を増やすために、ごはん、パン、麺類、果物を増やしますが、「体重1kgあたりのタンパク質必要量」を満たすようにしましょう。

必要なタンパク質量は体重1kgあたりおよそ1.2〜1.6gです。
体重から必要タンパク質量を計算しておきましょう。

例えば、体重35kgなら最低でも35kg×1.2g=42gを1日で最低のタンパク質を摂取するようにしてください。

関連記事

  1. 外旋筋群
  2. ライイング・アウトワード・ローテーション3
  3. ウェイトリフティング
  4. 階級制競技の筋力トレーニング
  5. ケトジェニックダイエットと肉
  6. トレーニング6

最近の記事

  1. 内臓・ホルモン分泌
  2. 寝ながら・美容
  3. ふくらはぎに手を当てる
  4. 丘の上を走るランナー
  5. 白衣

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP