持久力とレーニング

練習期のメニューの基本的な考え方3

基本的な考え方

1.主食、2.主菜、3.副菜、3-2.汁物の4つの料理は、1.球技系、2.持久力系、3.筋力(瞬発力)系の3種類に分けて考えていきます

解説する女性

練習期のメニュー(持久力系)

強力な瞬発力こそ必要はなくても、長時間運動を継続する必要がある持久力系の競技では、肝臓や筋肉にグリコーゲンをタップリと蓄えられるように「糖質」を多めに摂る必要があります。

ですから、主食と果物(食事バランスガイド)を多くして、炭水化物や果糖を多めに摂るようにしてください。
また、糖質の代謝いはビタミンB1が活躍しますので、ビタミンB1を含む食材を摂ることも心がけましょう。

持久系に該当する競技

  • マラソン
  • 駅伝
  • トライアスロン
  • 中距離走
  • 競歩 など

関連記事

  1. 鶏肉ステーキ
  2. 野球・バンド
  3. 腕の内旋(肩甲下筋)
  4. 筋肉を太くするトレーニング
  5. 応援する加圧トレーナー2

最近の記事

  1. OKサインの女性
  2. 寝ながら・美容
  3. OKサインの女性
  4. 足をストレッチ
  5. OKサインの女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP