競技3種

練習期のメニューの基本的な考え方

練習期のメニュー選び

アスリートは3食の食事をしっかりと摂ることが食事の基本です。

解説する女性特に負荷の高いトレーニングをこなす練習期はエネルギーが不足しがちなので、自分が1日に消費するエネルギーをしっかりと把握してエネルギーが不足しないように工夫しましょう。

食事バランスガイドを参考に1.主食、2.主菜、3.副菜、3-2.汁物、4.果物、5.乳製品を組み合わせて必要なエネルギー量になるようにしてください。

基礎代謝の割り出し方生活活動代謝の割り出し方運動種目別の必要エネルギーの考え方年齢・性別別エネルギー必要量を考慮して自分に必要な1日のエネルギー量を把握しておきましょう。
競技3種
1.主食、2.主菜、3.副菜、3-2.汁物の4つの料理と5.果物、6.乳製品は、1.球技系、2.持久力系、3.筋力(瞬発力)系の3種類に分けて考えていきます

しかし、持久力系の種目でも筋トレを行った場合は筋力系のメニューを選ぶ必要がありますので注意してください。
トレーニングの内容からメニューを選べるようになっていきましょう。

関連記事

  1. 腸腰筋
  2. ダンベルトレーニングをする女性
  3. 色々な食材を食べてダイエット
  4. 加圧トレーニングの説明
  5. サラダ
  6. 加圧トレーニングで基礎代謝向上

最近の記事

  1. お腹の肉をつまむ女性
  2. 背中の筋肉
  3. お腹の肉をつまむ女性
  4. 腕から肩にかけて筋肉

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP