栄養士

上手な外食の仕方7

中華料理系の外食を利用するときのポイント

中華料理は油を多く使う傾向があります。
油で揚げてから炒めたり、煮たりするメニューがあったり、あんの中に油が多く含まれていることもあります。

ラーメンとチャーハン、ラーメンと肉まん、しゅうまい、餃子などのセットは小麦粉や米を使っているため、糖質が沢山とれますが、ビタミンやミネラルが不足しがちな傾向があります。

ただし、野菜をたっぷり使用したメニューもありますので、試合期を除いて野菜たっぷりメニューを一品は入れるようにしてエネルギー過多にならないように気をつけましょう。
中華メニューカロリーチャート

関連記事

  1. 加圧トレーニングで基礎代謝向上
  2. 加圧トレーニングの副次的効果
  3. ワンハンドフロントレイズ
  4. フロントレイズ2
  5. 食事バランス
  6. 牛乳

最近の記事

  1. 大家族
  2. 肩甲骨の女性
  3. お腹の肉をつまむ女性
  4. はてな・疑問な女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP