ケトジェニックダイエットと肉

上手な外食の仕方4

外食を利用するときのポイント

全てではありませんが、外食は全般的にエネルギーが高く(糖質、脂質を多く摂りすぎる傾向があります)、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素少ないので、外食を多く利用すると高カロリー、ビタミン・ミネラルに陥りやすくなってしまいます。

外食・食事する女性

つまり、ウェイトが増えやすく、身体の機能低下を起こしやすくなってしまうということです。

しかし、外食はその特徴をおさえて、上手にメニューを選択できるようになれば、練習、仕事、人間関係・・忙しい毎日を助けてくれる強い味方になってくれます。

まずは、口にすることが多い和食、中華、洋食の特徴はしっかりと理解して、自分に必要なメニューを選べるようになっていきましょう。

ただし、同じメニューでも店舗によって食材や調理法が違っているので、外食を味方につけるのであれば、そうした違いも考慮できるように知識を身につけていく必要があります。

奥村英樹アバター

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体をケアするための資格を持つ心と体のケアのスペシャリスト

関連記事

  1. サイドレイズ2
  2. マッチョな上半身
  3. サプリ
  4. 鉄サプリ
  5. 筋肉を太くするトレーニング
  6. 牛乳

最近の記事

  1. ダイエット成功と肥満の分かれ道
  2. セルフマッサージする女性
  3. 加圧サイクルマシン
  4. 毛細血管
  5. 加圧サイクルマシン

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP