加圧トレーニングの説明

KAATSU JAPANからの報告

加圧トレーニングによる効果やその仕組みについて、世界中の様々な分野で研究が進んでいます。
今回はNASAと国立宇宙生物医学研究所(NSBRI)の手がける研究の中で加圧トレーニングが取り上げらることになりました。

アドバイスする女性

KAATSU JAPANからの報告

NASAと国立宇宙生物医学研究所(NSBRI)は、将来の火星有人探査ミッションにおける宇宙飛行士の健康とパフォーマンスについての課題を調査するために役立つ24の提案に資金を供給し、研究が進められることになりました。

それらは主に、視覚障害、行動の健康、骨量の減少、心臓血管の変化、人的要因やパフォーマンス、神経行動と心理社会的要因、感覚適応、およびの開発と応用を含め、宇宙飛行士の健康のさまざまな側面の宇宙環境の影響を調査します。

その中のいくつかの課題に対して有効であるというとことからKAATSUが研究課題の一つとして選ばれました

Center for KAATSU Research at Harvard Medical Schoolの本プロジェクト担当研究員
Dr. Aaron Baggishのコメント

Aaron Baggish, M.D. will use KAATSU to reduce the headaches that astronauts get from the movement of fluid
from the lower body and torso up into the chest and head when astronauts travel
from 1G (on Earth) to zero G (in space).
We want to add body composition and strength tests to these protocols before and after
the trial in order to document that KAATSU mitigates space muscle atrophy.

アーロン・バギッシュ医師は、1G(重力)の地上から0G(宇宙)へ宇宙飛行士が行った際に、
下半身や胴体から胸部や頭部へ体液が移動することから生じる頭痛の減少に対してKAATSUが有効であるという点について、
今後、本プロジェクトで本格的な研究に入っていく予定です。

 

今後も様々な研究報告が上がってくることでしょう。
それによって新たな加圧トレーニングの応用方法が開発されてくるはずです。

加圧トレーニングにご期待ください。

奥村英樹アバター

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体をケアするための資格を持つ心と体のケアのスペシャリスト

関連記事

  1. お詫びするひよこ
  2. 羊
  3. トレーニングしよう
  4. 岐阜本
  5. 米国製加圧マスター

最近の記事

  1. 毛細血管
  2. 加圧サイクルマシン
  3. バランスボールに座る女性
  4. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP