ノート

自分に必要なエネルギー量を理解しよう4

目的に合わせたエネルギー摂取量の調整

アスリートがトレーニングを行う時、目的を持ってトレーニングを行います。
注目・注意競技スキルの向上もその目的になりますが、ウェイトコントロールであったり、パワーや瞬発力の向上など、身体機能の向上を目的とする場合も多いものです。

例えば

  1. ウェイトコントロールが目的
    摂取エネルギー量を減らして摂取エネルギー量より消費エネルギー量が多くなるように、エネルギー収支がマイナスになるようにします。
  2. 筋肉量を増やすのが目的
    パワーや瞬発力をつけるために筋肉量を増やしたいのであれば、消費エネルギー量より摂取エネルギー量が多くなるようにエネルギー収支がプラスになるようにします。
  3. 現状を維持するのが目的
    消費エネルギー量と摂取エネルギー量が同じになるようにエネルギー収支0を目指します。

1の場合は体脂肪をエネルギーに変えて燃やす必要があるので、イメージしやすいと思いますが、2の場合は、エネルギーが不足すると筋肉のタンパク質の合成が促進されなくなってしまうので、エネルギー収支をプラスにすることがとても大切です。

ただし、エネルギー量を多く取りすぎてしまうと体脂肪になってしまいますので、エネルギー収支をしっかり把握した上で、少しだけ多めに摂取するようにしましょう。

これまでにご紹介した方法である程度、自分のエネルギー消費量は掴めると思いますが、同じメニューをこなしていても、体格の差、トレーニングの細かい設定などでもエネルギー消費量は異なりますので、毎日の体重と食事、トレーニングメニューを記録して、定期的に内容をチェックして、内容を見直しながら微調整していくことが大切です。

関連記事

  1. 大豆
  2. 雑穀米
  3. トランプA
  4. 筋肉を減らさない
  5. サッカーと体幹トレーニング

最近の記事

  1. 寝ながら・美容
  2. ふくらはぎに手を当てる
  3. 丘の上を走るランナー
  4. 白衣
  5. 体幹トレーニング

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP