シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

解糖系によるエネルギー産生

シェアする


筋肉での3つのエネルギー供給

細胞内では化学反応によってエネルギーが作られ消費されます。
日常生活と運動時では消費するエネルギーの量や使われ方が異なり、運動中の筋肉では3種類のエネルギー産生がおこなわれています。

  • ATP-CP系
  • 解糖系
  • 酸化系

解糖系によるエネルギー産生

瞬発力が求められる短時間の運動にはATP-CP系の他に解糖系があります。
解糖系では血液から筋肉内へと取り込まれたグルコースと筋肉に蓄えられていたグリコーゲンを分解したグルコースが使われます。

このグルコースをピルビン酸に分解する過程でATPを作ります。解糖系でも酸素は必要ありません。
ピルビン酸はミトコンドリアに入るとさらに分解されてATPを作ります。

ピルビン酸がミトコンドリアに入る時、量がコントロールされるのですが、解糖系の反応が速く進んでピルビン酸が増えすぎてミトコンドリアに入り切れなくなるとピルビン酸は乳酸に変換されます。乳酸は酸素増えてくるとピルビン酸へ変換されて再利用されます。

解糖系によるエネルギー産生

解糖系によるエネルギー産生

解糖系では乳酸が作られるので、乳酸系とも呼ばれます。
乳酸は疲労物質として悪いイメージがありますが、ピルビン酸に変換可能なエネルギー産生命の材料となる有用な物質です。
また、肝臓でグリコーゲンを作るとき使われたり、成長ホルモンを分泌を促す重要な物質という一面もあるのです。
解糖系のエネルギー源は糖質ですので、ここから十分なエネルギーを得るためには競技前、競技中にスポーツドリンクやゼリーなどで糖質補給するとよいでしょう。


[cft format=1]

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする