タンパク質の代謝

栄養素とエネルギー生産回路(タンパク質)

栄養素とエネルギー生産回路

人は食事からエネルギーを得て生きています。
エネルギー源として利用できるのは糖質、脂質(脂肪)、タンパク質の三大栄養素です。

注目・注意

タンパク質のエネルギー利用

タンパク質はアミノ酸に分解されて吸収された後、タンパク質に再合成されて体を作ります。
エネルギー不足になるとアミノ酸に再び分解されてからピルビン酸やアセチルCoAに変換されてエネルギー源として利用されます。

余ったアミノ酸は大部分がグルコースに変換されます。(糖新生)
そしてエネルギーとして消費されなかったグルコースは脂肪酸に変換されて脂質の合成に利用されるので、糖やタンパク質のとりすぎは体脂肪を増やしてしまいます。

タンパク質の代謝

タンパク質の代謝

糖質とタンパク質は1gあたり4Kcal、タンパク質はエネルギー不足に陥ったときにアミノ酸に分解されて補助燃料として利用されます。

糖新生

アミノ酸などの糖質以外の物質からブドウ糖(グルコース)をつくること

関連記事

  1. 脂質のエネルギー代謝
  2. 肩を前後に動かす前鋸筋
  3. タオルを使った背中のトレーニング2
  4. 心肺機能
  5. 塩・ナトリウム

最近の記事

  1. 丘の上を走るランナー
  2. お腹の肉をつまむ女性
  3. お腹の肉をつまむ女性
  4. お腹の肉をつまむ女性
  5. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP