糖質の代謝

栄養素とエネルギー生産回路(糖質)

栄養素とエネルギー生産回路

人は食事からエネルギーを得て生きています。
エネルギー源として利用できるのは糖質、脂質(脂肪)、タンパク質の三大栄養素です。

注目・注意

糖質のエネルギー利用

消化の過程でグルコース(ブドウ糖)に分解されます。
グルコースは血液によって全身の細胞に運ばれエネルギー源として利用されます。

グルコースが余るとグリコーゲンに変換されて肝臓に蓄えられ、必要に応じてグルコースに分解して利用されます。
グルコースをピルビン酸に変換する時
グルコースは細胞内でピルビン酸に分解される時エネルギーを発生させ、ATP(アデノシン三リン酸)という物質に蓄えられます。

アデノシン三リン酸はアデノシン二リン酸(ADP)に分解される時にエネルギーを放出します。
ピルビン酸がクエン酸回路分解される時
ピルビン酸はエネルギー生産回路であるクエン酸回路で分解されてたくさんのATPを作ります。

三大栄養素の中で最もエネルギーとして利用しやすいのは糖質です。グルコースは血液から取り込んだらすぐにエネルギーとして利用できるのです。
糖質は素早く分解されてエネルギーを生み出しますので、トレーニング中の栄養補給に提起しています。

糖質は1gあたり4kcalのエネルギーを生み出します。

糖質の代謝ピルビン酸

有機酸の一種。
グルコースが分解される途中で作られます。
エネルギー生産回路の入り口に位置して、酸素がないと乳酸に変化し、酸素があるとアセチルCoAに変化します。

  1. クエン酸回路
    酸素を使ってエネルギーを作り出す回路。
    アセチルCoAとオキサロ酢酸が合体してクエン酸になり、クエン酸が分解される時エネルギー貯蔵物質ATPが大量に作られます。
  2. ミトコンドリア
    細胞内の小器官ミトコンドリアはエネルギーの生産工場と呼ばれています。
    タンパク質、脂質、糖質が分解されてできるアセチルCoAからエネルギー貯蔵物質ATPが大量に作られます。
  3. 生産物
    エネルギー貯蔵物質ATPを生産し終わって、栄養素が完全に分解されると水と二酸化炭素が発生します。
    水(代謝水)は体内で利用され、二酸化炭素は呼吸によって排泄されます。

関連記事

  1. ワンハンド・ダンベル・ロウイング2
  2. 落花生
  3. ピッチャー
  4. サッカー
  5. カルシウムサプリ
  6. 筋肉の基本的性質

最近の記事

  1. 丘の上を走るランナー
  2. お腹の肉をつまむ女性
  3. お腹の肉をつまむ女性
  4. お腹の肉をつまむ女性
  5. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP