牛乳

ミネラルについて1

ミネラルとは?

ミネラルは体の構成成分であり、さらに体の様々な組織、臓器の働きを助けています。
生命維持に欠かせない栄養素です。必要なミネラル16種類で多量ミネラルが7種類、微量ミネラルが9種類です。

注目・注意1日100㎎以上補給することが必要な多量ミネラルは、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、塩素、リン、硫黄で、1日に100㎎以下でよい微量ミネラルは、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン、コバルトです。
カルシウムとリンは骨や歯の成分です。骨は絶えず作り直されているため、アスリートは骨を強化するためにも、カルシウムを積極的に摂りましょう。(リンは不足しにくい栄養素です)

また、カルシウムは水にとけるとイオンになって、筋肉細胞に含まれ筋収縮に必要な働きをしたり、神経細胞では神経伝達作用にも関わっています。
カルシウムを多く含んでいる食材は牛乳、ヨーグルト、魚介類、モロヘイヤなどがあります。

牛乳

ミネラルの吸収阻害因子について

ほうれん草などに含まれるシュウソ素、豆類に含まれるフィチン酸はカルシウムの吸収を阻害してしまいます。
また、お茶やコーヒーに含まれるタンニンは鉄の吸収を阻害しますので、食べ合わせにも注意しましょう。

関連記事

  1. 大豆
  2. 食事バランス
  3. 水中でのインナーマッスル・トレーニング
  4. 入浴
  5. 1日に必要なSVの目安
  6. 筋肉を太くするトレーニング

最近の記事

  1. 丘の上を走るランナー
  2. お腹の肉をつまむ女性
  3. お腹の肉をつまむ女性
  4. お腹の肉をつまむ女性
  5. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP