シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

糖質について1

シェアする


糖質の役割

糖質は体の主要なエネルギー源で、1gあたり4kcalのエネルギーを作り出し、体の主要なエネルギー源として使われます。
糖質と食物繊維が合わさったものを炭水化物(炭水化物=糖質+食物繊維)といいます。

食物繊維は体内では消化されにくく、1gあたり0〜2kcalでエネルギー源としてはほとんど利用されません。

ポイント

玄米や精製されていない穀物に含まれる糖質より、白米や精製された穀物に含まれる糖質の方が吸収は速くなります。
糖質は、ご飯、パン、麺類などの主食になる食品や、イモ類、果物などに多く含まれています。

糖質の種類

  • ブドウ糖(グルコース)
    穀物、果物、ハチミツなどに多く含まれています。
    糖質の中で最も速く消化吸収され、すぐにエネルギー源として利用されます。
    脳ではブドウ糖しかエネルギー源として利用できませんので、不足すると集中力が低下したり、的確な判断ができなくなったりしてパフォーマンスが低下してしまいます。

    血液中のブドウ糖の量を血糖値といいます。
    食事をすると血糖値が高まりますが、インスリンというホルモンの働きで、数時間後には血糖値が下がります。

  • 果糖(フルクトース)
    ハチミツ、果物などに含まれ、天然に存在する糖の中で最も甘味が強い糖質です。
    砂糖
  • ショ糖(スクロース)
    ショ糖はブドウ糖と果糖が結合した糖で、砂糖の主成分です。さとうきびや甜菜などを原料に作られます。
  • 乳糖
    母乳に6.7% 牛乳に4.5%含まれています。
  • でんぷん
人が食べる糖質の大半は穀類、いも類に含まれるでんぷんです。でんぷんはブドウ糖に分解されて使われます。

ブドウ糖、果糖、ショ糖の大きな違いは大きさです。
ブドウ糖に比べ、果糖やショ糖は吸収に時間がかかります。

体内に吸収され、血糖値の上がるまでの時間が早いのは①ブドウ糖、②ショ糖、③果糖の順番になります。

目的によって摂取する糖質を選ぶ必要があります。

インスリン

膵臓から分泌されるホルモンの一種で、血中のブドウ糖を細胞に送り込み、エネルギー源として利用できるようにします。血糖値を下げることができる


[cft format=1]

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする