疲れたウサギ

成長ホルモンの分泌を促進させるインターバル

最適なインターバルの長さは?

成長ホルモンの分泌を促進させるためには、セット間のインターバルの長さの設定も重要な要素です。
注目・注意長くとりすぎてしまうと、トレーニングによって筋肉中に溜まった代謝物質が流れ出してしまうので、効率よく成長ホルモンの分泌を促進できなくなってしまうからです。
基本的にはインターバルが短い方が、成長ホルモンは分泌されやすいのです。

しかし、インターバルが短すぎると、タイプⅡbの速筋を動かすために高めの負荷で限界回数まで行っているので、呼吸が整わずに筋肉疲労よりも、酸素不足によって体力が尽きてしまいます。

そうなると、筋肉を限界まで追い込むことができな苦なってしまうので高い効果は得られません。

つまり、成長ホルモンを効果的に分泌させ、なおかつタイプⅡbの速筋をしっかりと追い込むためには、

  1. 呼吸を整えて酸素を体内に取り込んで、体力をある程度回復させられる時間をとること
  2. 集中力や気力が回復させられる時間をとること
  3. できるだけ短めのインターバルをとること

というポイントを満たせる時間をインターバルの長さとして設定することが大切です。

インターバルの時間の目安としては、最大筋力の90%を超えるような大きな負荷を扱った場合はは2~3分最大筋力の70〜80%程度の負荷の場合は1分~2分程度が効果的だと言えるでしょう。


[cft format=1]

関連記事

  1. 脳と筋肉と神経を騙す
  2. 前屈・ストレッチ
  3. 肩を外旋させるインナーマッスル棘下筋
  4. ダンベル少年
  5. 肩関節とインナーマッスル
  6. 階級制競技の筋力トレーニング
PAGE TOP