高齢者向けレジスタンストレーニング1

骨の強化とバランス強化の高齢者向けトレーニング

高齢者は個人差を十分考慮しましょう

生産量の低下したホルモン生産力を向上させるために、毎日継続できるトレーニングをすることが大切です。
骨と筋肉の強度の低下を抑えるためには、スクワットなど複数の関節を同時に動かすようなレジスタンストレーニング(負荷を使ったトレーニング)を行うといでしょう。

コーチ

無理は禁物!

また、前後左右への動きがあるようなバランス力強化に有効なトレーニングを入れることも大切です。

トレーニングで使う負荷は、普段の生活で感じるよりも強い強度を感じるようにすると効果的ですが、高齢者は個人差が大きいため、個人の身体レベルを意識して運動強度を決めていきましょう。

また、運動後には十分な休養を取ること、十分な栄養を取ることが大切です。
運動中も水分補給を心がけましょう。

高齢者向けレジスタンストレーニング1

高齢者向けレジスタンストレーニングの例


[cft format=1]

  1. 脚の筋肉
  2. ウォーキング
  3. にんにく
  4. 入浴
  5. ATP−CP系のエネルギー産生
  6. 肩を前後に動かす前鋸筋
PAGE TOP