シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

ビタミン様物質(ビタミンP)

シェアする


ビタミン様物質

ビタミン様物質はビタミンと同じような働きがあって「ビタミンの定義」から外れてしまう栄養素です。

双子

ビタミン様物質はビタミンと似ているけれど、美テミンの定義から外れるものです。

ビタミンやミネラルに比べると研究が進んでいませんが、次第にその役割が明らかになってきています。

ビタミンEなどの抗酸化作用はビタミン様物質であるコエンザイムQ10がないと効果を持続できません。
また、ビタミンUは胃を助ける働きをしてくれます。ビタミンやミネラルと非常に深く関わっていて、ビタミンやミネラルと助け合って働きます。

コエンザイムQ10やビタミンP、リポ酸、ビタミンU、Lカルニチンなどがあります。
サプリ

ビタミンP

ビタミンPはヘスペリジン、ルチン、ケルセチン等を総称したポリフェノールの一種でビタミンではなく水溶性のビタミン様物質です。

毛細血管を強くする、血中の中性脂肪やコレステロールなどの血清脂質を改善する、血流の循環を改善する、血圧の上昇を抑制するなど、血管をしなやかに保つ重要な働きをしてくれます。
ビタミンCの働きを持続させ消耗を抑制する、免疫機能を調整する、骨代謝を改善する、活性酸素の抑制などの幅広い役割を果たしています。

過剰摂取しても水溶性なので尿と一緒に排泄されてしまいますので、あまり心配する必要はありません。下痢、頻尿などの不快症状が現れることもありますが、そんな場合はビタミンPを摂取をしばらく控えるようにすれば大丈夫でしょう。

トレーニング毛細血管の浸透性を調整することで身体中に酸素や栄養素の運搬効率を向上させてくれること、血流の改善効果や活性酸素の除去能力も高いのでアスリートも積極的に摂りたい栄養素です。
不足することの少ない栄養素ですからサプリメントに頼る必要はないかもしれませんが、柑橘系の食材を積極的に摂るようにしましょう。

ビタミンPが不足すると

重大な欠乏症はありませんが、不足すると何らかの健康障害が現れる可能性があります。
ビタミンPが不足すると、毛細血管が弱くなってしまうので、出血しやすくなる上、免疫力が低下して風邪を引きやすくなるなどビタミンCの欠乏症と同様の症状が現れます。

ビタミンPの役割

  • 毛細血管の強化
    ビタミンPは毛細血管のメンテナンス係です。毛細血管は、組織と栄養や酸素のやりとりをしていますので、適度に透過性が保たれている必要があります。
    ビタミンPはこの透過性が良くなり過ぎるのを抑えます。ですから、ビタミンPが不足すると出血しやすくなったりします。
    また、細菌が侵入しやすくなってしまいます。
    毛細血管の透過性は浮腫、出血、高血圧などの症状があると上昇します。毛細血管の浸透性が良くなりすぎると、糖尿病、痔症、慢性静脈不全症、壊血病、潰瘍などの疾病を引き起こす原因になってしまいます。
  • コレステロール値の改善
    善玉コレステロールが減少し悪玉コレステロールが増加すると動脈硬化、脳血栓、心筋梗塞などのリスクが高まります。
    ビタミンPは善玉コレステロールを増加させ、悪玉コレステロールを減少させます。
  • 血流の改善
    体内の酸化窒素が活性酸素と結合すると働けなくなるので血管が縮みっ放しになってしまいます。
    こうなると血圧が上昇したり、血流が悪化してしまいます。
    ビタミンCがこの現象を抑制してくれるのですが、ビタミンCは非常に壊れやすいので、ビタミンCだけでは不十分です。
    ビタミンPは壊れやすいビタミンCを安定化させる働きがあって、ビタミンPとビタミンCが一緒に働くことで、ビタミンCは抗酸化力を最大限に発揮できるようになるのです。
    つまり、ビタミンPを十分摂取することは活性酸素を抑制して血流改善、血圧の上昇を防ぐことにつながると言うことです。
  • 抗アレルギー
    ビタミンPは血管透過性を抑制する働きによって花粉症やアトピー性皮膚炎の症状を緩和すると考えられています。
    また、他のフラボノイドと比べると「好塩基球細胞の脱顆粒をほぼ抑制しない」「結腸細胞の機能を阻害することもほとんど無い」という特徴があります。
    ですから、副作用の心配もほとんどありません。
    関節リウマチの炎症を抑制することも報告されています。
  • 免疫の調節
    ビタミンPは免疫を調節して、種々の免疫異常を改善すると言われています。
  • ガンの抑制
    発ガン抑制作用については、口腔ガン、食道ガン、胃ガン、大腸ガンに関する報告があります。

ビタミンP含む食品

みかん

ビタミンPは柑橘類に多く含まれています!

ビタミンPのうちみかん由来のポリフェノールがヘスペリジンです。ヘスペリジンはみかんの実の部分よりも皮や袋、スジに多く含まれています。みかんの皮は食べれませんが、袋やスジは実と一緒に食べた方がヘスペリジンをしっかりと摂取することができます。 みかんなどの柑橘類に多く含まれますが、実の部分よりも袋やスジに多く含まれています。

ヘスペリジン量
袋:実の50倍、スジ:実300倍

摂取量の 推奨摂取量

1日20-100 mg


[cft format=1]

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする