レッグ・アダクション2

インナーマッスル・トレーニング・・レッグ・アダクション

レッグ・アダクション

レッグ・アダクションはチューブを使います。
立った状態でチューブの抵抗を負荷にして脚を内転させることで下肢内転筋群を鍛える種目です。

STEP1

チューブの端をある程度強度のある場所へ固定しましょう。
固定するのは脚の外側の側面です。
チューブの反対側の端をトレーニングする側の脚に引っ掛けましょう。
反対側の脚を軸にしてたちましょう。
背筋をまっすぐに伸ばしましょう。
バランスを崩さないように何かにつかまっておきましょう。
椅子などを使うと良いでしょう。

レッグ・アダクション1

レッグ・アダクション1

STEP2

宙に浮かせた足を体の内側に向かって根元から動かしましょう。
体の重心を保ったまま脚の根元から下の部分だけを動かすようにしましょう。
そんなに大きく動かす必要はありません。写真の位置ぐらいで十分です。

レッグ・アダクション2

レッグ・アダクション2

STEP3

ゆっくり丁寧に脚を元の場所まで戻しましょう。

STEP2〜 STEP3を繰り返しましょう。

この種目を行う上での注意点

  • 動作の速度について
    脚を戻す動作はゆっくりと丁寧に負荷がかかっている筋肉を意識しながら戻しましょう。
  • 負荷の強さとセット数
    1セット20~30回が目安ですが個人差がありますので、ほどよい疲労感を感じる回数を1セットにしてください。
    セット数は2~3セットが目安です。

奥村英樹アバター

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体をケアするための資格を持つ心と体のケアのスペシャリスト

関連記事

  1. 大胸筋の動きを意識しましょう!
  2. 腹筋トレーニング
  3. 腕の内旋(肩甲下筋)
  4. トレーニングとケガの治療
  5. 体調と超回復の関係
  6. 加圧トレーニングと骨粗鬆症

最近の記事

  1. 毛細血管
  2. 加圧サイクルマシン
  3. バランスボールに座る女性
  4. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP