シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

ストレッチ(股関節/骨盤周り:前後開脚ストレッチ)

シェアする


ストレッチ(股関節/骨盤周り:前後開脚ストレッチ)

 名称  写真
前後
開脚

前後開脚ストレッチ1

前後開脚ストレッチ1

脚を前後に開いて開脚します。

前側の脚のヒザが内側に入ったり、外に開いたりしないように真っすぐ前方に向けましょう。

ヒザが脚の甲の真上に来るようにしましょう。
後ろの脚はできるだけ後ろに引きましょう。

足首を伸ばして足の甲を床に着けましょう。(頑張りすぎないでください。痛気持ち良い位にしておきましょう)上体は前に傾いたり、後ろに反りすぎないようにしましょう。

頭のてっぺんにフックがついていて天井から引っ張られるようなイメージです。
重心の真上に上体が来るようにして、息を吐きながら真っすぐ下に向かって沈み込みます。脚を入れ替えて行いましょう。

 前屈

前後開脚ストレッチ2

前後開脚ストレッチ2

息を吐きながらゆっくりと上体を前方に倒していきます。

できる方は床に手のひらをついてしまいましょう。

床に手が着かない方は、ヨガブロックや本などを使って、無理のない姿勢で行えるよう補助してください。

脚を入れ替えて行いましょう。

 反る

前後開脚ストレッチ3

前後開脚ストレッチ3

背中の後ろ側で手のひらを組みましょう。

息を吸いながら胸を上に持ち上げ、肘を引き寄せて腕をできるだけ上に持ち上げましょう。
脚を入れ替えて行いましょう。

 伸展

前後開脚ストレッチ4

前後開脚ストレッチ4

腕を伸ばし手のひらを頭の上で外側に向けましょう。

そのまま手のひらを頭の上で合わせましょう。

肩甲骨を寄せながら二の腕が耳の後ろにいくように意識して(できるだけで大丈夫です)息を吸いながら真っすぐ上にのびましょう。

手の前後を入れ替えて行ってみましょう。
脚を入れ替えて行いましょう。

側屈

前後開脚ストレッチ5

前後開脚ストレッチ5

手のひらを内側に向けて腕を平行に伸ばしましょう。

息を吐きながら横向きに倒していきます。

骨盤が動かないように注意してください。
お腹の横側がストレッチされるのを感じましょう。

反対側も行いましょう。
脚を入れ替えて行いましょう。

捻り

前後開脚ストレッチ6

前後開脚ストレッチ6

前側の脚の反対側の手のひらを前側の脚のヒザの外側に当てましょう。

背骨を真っすぐに伸ばし、息を吐きながら脚が前になっている方向へ捻っていきましょう。

背骨を中心軸にして捻りながら捻った側へと視線を向けましょう。
反対側の手は曲げて手の甲と前腕を腰に当てておきましょう。

脚を入れ替えて行いましょう。

トレーニングに入る前にストレッチをしましょう。

ストレッチをすることで固くなった筋肉や腱、筋膜などをほぐして血流をアップさせておきましょう。
加圧トレーニングは強い負荷を使わないですし、室内で行う場合が多いので、怪我をしにくいトレーニングですが、しっかりストレッチをする事で、怪我をしにくくなりますし、トレーニングする筋肉を意識しやすくなりますので、丁寧にストレッチをしてください。

1つずつストレッチの仕方をお伝えしますので、トレーニング前に行ってみてください。


[cft format=1]