元素

加圧トレーニングによる体内の変化3

加圧トレーニングによる体内の変化

加圧トレーニングを行い血流制限を行う事で、体内では様々な変化が起こります。
筋肉の増強に関わる変化には以下のようなものがあります。

  • 成長因子(サイトカイン)の分泌
    筋肉の増強の要素として成長因子があります。
トレーニングのポイント

ポイント

サイトカインには筋肉の増強を刺激するもの抑制するものがあり、筋線維やその周辺の細胞から分泌されます。

一酸化窒素(NO)

筋肉で働く成長因子に一酸化窒素(NO)があります。

一酸化窒素には血管拡張させる作用が有名ですが、骨格筋(筋肉)ではNO合成酵素(NoS-1)という形で働いています。

ラットの実験では骨格筋にNO合成阻害剤を与えると筋肉の増強が起こらない事から、NOは筋肥大にも関連していると考えられています。

元素

Noの働き

血流制限をすることで筋肉中のNO濃度が上昇していることがわかっています。
NOがその他いくつかの成長因子の転写調節や活性化に関わっていることもわかってきています。

関連記事

  1. 骨の構造
  2. 背中体幹
  3. ATP−CP系のエネルギー産生
  4. 毛細血管
  5. 階級制競技の筋力トレーニング
  6. 加圧バストアップ大胸筋中部

最近の記事

  1. 丘の上を走るランナー
  2. お腹の肉をつまむ女性
  3. お腹の肉をつまむ女性
  4. お腹の肉をつまむ女性
  5. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP