外旋筋群

脚腰のインナーマッスル・・脚を持ち上げる2

脚を持ち上げるインナーマッス外旋筋群

外旋筋群というインナーマッスルが骨盤と大腿骨(太ももの骨)をつないでいます。

外旋筋群(がいせんきんぐん)は複数の細かい筋肉の集まりで、梨状筋・上双子筋・下双子筋・外閉鎖筋・内閉鎖筋・大腿方形筋の6つの筋肉で構成されています。

外旋筋群

外旋筋群

外旋筋群が収縮することにで、大腿骨が体の外側に向かって回転します。

また、外旋筋群は骨盤を外側から支えて、骨盤を正し位置に保つ役割を持っています。

つまり、外旋筋群が弱くなると骨盤の位置を正しく保持できなくなり、O脚やX脚になるばかりか、内蔵位置が正しく保てなくなり、代謝やホルモンバランスが崩れ、太りやすくなったり、体調不良が続いたり・・といった症状が出てしまいます。

外旋筋群をぜひ鍛えてください。

関連記事

  1. 重量挙げ
  2. 加圧バストアップ大胸筋中部
  3. 加圧基礎3点脚基本姿勢
  4. ワイドスタンス
  5. 牛乳
  6. ステーキセット

最近の記事

  1. 丘の上を走るランナー
  2. お腹の肉をつまむ女性
  3. お腹の肉をつまむ女性
  4. お腹の肉をつまむ女性
  5. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP