シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

加圧トレーニングによる体内の変化1

シェアする


加圧トレーニングによる体内の変化

加圧トレーニングを行い血流制限を行う事で、体内では様々な変化が起こります。
筋肉の増強に関わる変化には以下のようなものがあります。

  • 成長因子(サイトカイン)の分泌
    筋肉の増強の要素として成長因子があります。
トレーニングのポイント

ポイント

サイトカインには筋肉の増強を刺激するもの抑制するものがあり、筋線維やその周辺の細胞から分泌されます。

加圧トレーニングに影響を受けるサイトカイン

  • lGF-Ⅰ/Ⅱ
    インスリン様成長因子Ⅰ(IGF-Ⅰ)、IGF-Ⅱは筋肥大を刺激する成長因子IGF-Ⅰには、
    ◇ 循環型(システミック)IGF-Ⅰ
    成長ホルモンの刺激を受けて肝臓から分泌される
    ◇ IGF-Ⅰアイソフォーム
    筋線維によってつくられるがあります。
    IGF-Ⅰアイソフォームは筋線維に負荷(力学的刺激)がかかると分泌されます。
赤ちゃん

成長を促進する物質が分泌される

  • IL-6
    筋肉の損傷などが損傷すると、インターロイキン6(IL-6)が筋肉の再生促進して、筋肉の成長・肥大させます。
    主にマクロファージなど免疫系の細胞でつくられる炎症性サイトカインの一種です。

    IL-6は長時間運動を行うと、筋線維や筋サテライト細胞(後述)から分泌され、全身の抗炎症作用、脂肪分解作用をもたらします。運動によるIL-6の生産は、運動後数時間のうちに起こります。

    加圧トレーニングの場合には、運動後2時間程度で血中IL-6の増加がピークを迎えます。

    加圧トレーニングによる様々な全身的効果にはIL-6が深く関わっている可能性があると考えられています。


[cft format=1]