腸腰筋

脚腰のインナーマッスル・・脚を持ち上げる1

脚を持ち上げるインナーマッスル

脚を持ち上げるとき活躍するのが背骨や骨盤と大腿骨(太ももの骨)をつないでいるのが腸腰筋というインナーマッスルです。

腸腰筋

腸腰筋

腸腰筋の構造と働き

腸腰筋(ちょうようきん)は大腰筋(だいようきん)と腸骨筋(ちょうこつきん)という2つの筋肉からできています。

大腰筋は背骨と大腿骨を腸骨筋は骨盤と大腿骨をつないでいます。
股関節の屈曲(前屈)動作に関与しています。

腸腰筋が収縮すると大腿骨(太ももの骨)が根元から持ち上がる力が発生します。
また、腸腰筋は背骨や骨盤と大腿骨の位置関係を調節する役目も果たしています。


[cft format=1]

関連記事

  1. 加圧トレーニングの説明
  2. 血圧測定する男性
  3. 補助食品2
  4. 熱中症の男の子
  5. ごちそうさまする兄弟
  6. オルタネイト・レッグレイズ3
PAGE TOP