ダメージ

加圧トレーニングによる微細な変化 ・・筋肉内の酸素環境

加圧トレーニングによる微細な変化

加圧トレーニングでは、血流を制限することで体内での様々な変化が生じます。
加圧することで生まれる様々な変化について考えてきたいと思います。

安心

加圧トレーニングによる様々な内部変化

筋内酸素環境

適切な圧力で加圧トレーニングを行うと静脈の血流が制限されて、筋内で血液プーリング(血液が留まる)がはじまります。

この状態でトレーニングをし続けると、筋肉内部の酸素濃度が低下し、筋肉内で代謝産物や成長因子などが生成・分泌されて局所的に蓄積されます

運動中に筋肉内が酸素濃度が低下することで無酸素性の代謝が活発になり、乳酸、水素イオン、アデノシンなどの無酸素性代謝産物の蓄積が促進されます。

しかし、運動後に除圧(加圧ベルトを外す)すると運動前よりも筋肉内が高酸素化されることが分かっています。

ダメージ

ダメージが残りにくいのも加圧トレーニングの特徴の1つです!

つまり、加圧して運動を行うことで短時間で高強度の無酸素運動(最大筋力や瞬発力が必要な運動など)と同等の変化が起きるばかりか、除圧後の高酸素化により筋肉の活性化も促進されるということです。

加圧トレーニングは決して楽なトレーニングではありませんが、短時間で無酸素運動によるトレーニング効果を最大限に引き出し、トレーニング後の筋肉のダメージがとても少ないのです。

トレーニング後のダメージが少ないことは、トレーニングを継続するためには大きなメリットになるはずです。

ウェルエイジングベルトを使って自宅で加圧トレーニングを行う場合、適切な圧力とトレーニングメニューを専門のトレーナーに設定してもらって、無理のない範囲で継続できるトレーニングをしてください。


[cft format=1]

  1. 加圧トレーニング・スクワット基本精製2
  2. メタボなカップル
  3. インナーのストレッチ
  4. アスリートの腹筋
  5. 加圧トレーニング
PAGE TOP