骨盤底筋群

お腹周りの筋肉と協力して姿勢を良くするインナーマッスル(骨盤底筋群)

骨盤底筋群

骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)は骨盤の底にある細かい筋肉の総称です。
深会陰横筋、尿道括約筋、肛門挙筋、尾骨筋の4つの筋があります。

骨盤底筋群

骨盤底筋群はお腹の底で内臓をシッカリと支えています!

これらの4つの筋が共同して骨盤の底で内蔵を支えています

骨盤底筋群を鍛えることでお腹周りの筒状の部分(パワーハウス)をシッカリと固めることができるため、バランス能力や瞬間的なパワーの発揮能力が高まります。

骨盤底筋群がパワーハウスの基盤を支え下からしっかりと支えることで、呼吸したり運動を行う時に人体の胴体部分を安定させています。

尿漏れやおしっこが近い人なども鍛えると良いでしょう。

関連記事

  1. 高齢者
  2. タンパク質の代謝
  3. 栄養士
  4. 心肺機能
  5. サラダ
  6. 腕の内旋(肩甲下筋)

最近の記事

  1. 丘の上を走るランナー
  2. お腹の肉をつまむ女性
  3. お腹の肉をつまむ女性
  4. お腹の肉をつまむ女性
  5. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP