寝ながら・美容

加圧トレーニング理論編(40)

筋肉の減少と委縮の抑制効果

加圧トレーニングの効果は加圧することで生まれます。運動をしなくても加圧を行っただけである程度の効果があるということです。

加圧のみの実験

膝前十字靭帯を痛めて手術をしたアスリートに加圧を行いながらギプスで脚を固定した結果、筋肉がどの程度委縮するかを調べた実験があります。
2週間脚を固定した状態で、1日2回加圧してみたところ大腿四頭筋の萎縮が半減していました。

同じように健康な人にも2週間、1日2回加圧してみましたが筋肉の増強は起こりませんでした。ただし健康な人に極めて低強度のトレーニング(10~20%、1RM)を行うと明らかな筋肉の増強が起りました。

結論

  • 加圧するだけで運動不足による筋肉の減少・萎縮を低減する効果がある
  • 筋肉の積極的な増強を望む場合は加圧とトレーニングの両方が必要である

女性などが美容目的(アンチエイジング、適度な筋力の維持)で加圧トレーニングをする場合、週2回程度加圧ベルトを巻いて加圧し手足の3点セットの基本運動をする程度で十分効果が見込めます。

関連記事

  1. ウェイトリフティング
  2. 血のイメージ
  3. 股関節/体幹:立ち姿勢ストレッチ1
  4. 元素
  5. 加圧トレーニング腹筋(くびれをつくる)
  6. 心配・不安な女性2

最近の記事

  1. OKサインの女性
  2. 寝ながら・美容
  3. OKサインの女性
  4. 足をストレッチ
  5. OKサインの女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP