シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

お腹周りの筋肉と協力して姿勢を良くするインナーマッスル(多裂筋)

シェアする


多裂筋

多裂筋(たれつきん)は背骨の横の突起から、さらに上の背骨へとつながっている筋肉です。

多裂筋

多裂筋

体をねじる運動を助けたり、背骨を安定させる役割を果たしています。
多裂筋は横突棘筋(おうとつきょくきん)の1つです。

横突棘筋とは長背筋のうち、脊柱の最深層にある筋肉です。
多裂筋は横突棘筋の中で最大の筋肉で、主に腰椎の支持と方向性のコントロールに関与しています。

横突棘筋のうち、上側の筋群を半棘筋、中間の筋群を多裂筋、下側の筋群を回旋筋と言います。
多裂筋は、更に腰多裂筋、胸多裂筋、頸多裂筋の3筋に分類されます。

トレーニングのポイント

ポイント

多裂筋が収縮する時、同時に連動して横隔膜、腹横筋、骨盤底筋群が収縮しますので、体幹を強くするためにパワーハウス(お腹周りの筋肉群)を鍛える際は、ぜひ鍛えて欲しい筋肉です。

また、多裂筋は姿勢の維持に大きく関わっていますので、姿勢を美しくしたい方猫背を治したい方なども、ぜひ鍛えてください。

インナーマッスルですから、パワーは大きくないですが、姿勢保持センサー(固有受容器)が豊富で姿勢の制御に特化した筋肉です。


[cft format=1]