腹横筋

腹圧を上げて腰椎を安定させるインナーマッスル(腹横筋)

インナーマッスル・トレーニング(腹部/股関節)

一般的な腹筋トレーニングで鍛えている筋肉は腹直筋、外複写筋、内腹斜筋といった腹筋ですが、それよりさらにお腹の深いところに腹横筋・多裂筋・横隔膜・骨盤底筋群というインナーマッスルがあります。

腹筋

腹筋

普段はほとんど意識しませんし、動いているという意識を持つこともありません。 しかし、体の中心である体幹を支える重要な筋肉ですから、

  • 競技機能をさらに高めたいトップアスリート
  • 普段はあまり運動しないけれど、若さや健康を保ちたいという人
  • 美しい姿勢やスタイルを維持したい人

等など、ぜひ鍛えて欲しいインナーマッスルです。 ここからは腹部のインナーマッスルについて、1つずつ説明していきます。

腹横筋(ふくおうきん)

腹横筋

腹横筋

腹横筋はお腹をコルセットのように、ぐるりと巻いている筋肉で筒状の形をしています。 腹筋の一つで

  • 腹圧を高める
  • 腰椎を安定させる
  • 内臓の位置を安定させる
  • 排便を助ける
  • 下部の肋骨を下へ引き下げる

といった役割をしています。 腹式呼吸などで息を吐き、お腹を内側へ引き込むと強く働きます。

[cft format=1]

関連記事

  1. 加圧バストアップ大胸筋上部
  2. インナーマッスル
  3. トレーニング効率と3つの要素
  4. ウォーターエクササイズ
  5. リバースダンベルカール2
PAGE TOP