シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

肩を外旋させるインナーマッスルを鍛えよう2

シェアする


以前もご紹介しましたが、肩を外旋させる時に働く筋肉に棘下筋(きょくかきん)というインナーマッスルがあります。

次回ご紹介するトレーニング種目の「ライイング・アウトワード・ローテーション」は、この棘下筋をターゲットにします。
トレーニングをする時、トレーニング効果を高くするために、棘下筋の動きをシッカリとイメージしながら行えるように、もう一度復習しておきましょう。

肩を外旋させるインナーマッスル棘下筋

肩を外旋させるインナーマッスル棘下筋

棘下筋の一部分は三角筋と僧帽筋に覆われていますが、肩甲骨から上腕の骨に繋がっていて、上腕の外側を巻き込むような形でつながっています。
棘下筋が収縮すると上腕が外側へ巻き込むように引っ張られるので腕が外旋するのです。

棘下筋は肩の動きを安定させるローテーターカフ(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋などの肩関節の安定性を高めている筋肉群の総称)の一つで、棘下筋が弱くなると肩関節の動きが不安定になってしまいます

その結果、上腕骨が上にずれるようになってしまいます。
ですから、慢性の肩こり、肩のいたみがある肩などは棘下筋を始めとするローテータ―カフが弱くなって肩の動きが不安定になっている可能性があります。

円筋と協力して肩関節の外旋及び水平伸展させる動作に関わっています。

[cft format=1]