笑顔の女の子

加圧トレーニング理論編(28)

加圧の強度とトレーニング効果

加圧トレーニングにでは負荷強度が高すぎると加圧トレーニングの効果が十分に発揮されない可能性があります。

膝を伸ばす運動でギリギリ1回持ち上げられる重量(1RM)を測定し、1RMの20%、30%、40%、50%の4つの負荷でトレーニングを行った実験があります。「加圧トレーニンググループ」と「通常トレーニンググループ」の2つに分かれて最大反復回数(もう上がらないという回数)を測定しました。「加圧トレーニンググループ」は幅約10cmの加圧ベルトを使って、脚のつけ根(基部)に200mmHgの圧をかけて行いました。実験の結果1RMの50%負荷での最大反復回数は2グループともほぼ同じで血流制限による影響見られませんした。しかし運動負荷が50%よりも低くなると「加圧トレーニンググループ」の最大反復回数は「通常トレーニンググループ」よりも少なくなって1RMの20%負荷で最も大きな差がでました。つまり加圧トレーニングに置いては負荷強度が高すぎると加圧トレーニングの効果が十分に発揮されない可能性があるということです。

はてな・疑問な女性

加圧トレーニングを行う場合は低めの負荷を選択(1RMの20%以下)して低い負荷でトレーニングを行う方が効果的です。

1RMの20%以下の負荷を使ってスピード、可動幅、角度などを考慮に入れて、1セット8回~15回程度で最大反復回数になるようにトレーニングの強度を設定していきましょう。

関連記事

  1. 体調と超回復の関係
  2. 玄米ご飯
  3. ウォーキングする女性
  4. 加圧脚のバランス内脚
  5. ケトジェニックダイエットは肉OK
  6. セレタス・アンテリオ

最近の記事

  1. 笑顔の女の子
  2. 丘・公園
  3. 全力

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP