肩を外旋させるインナーマッスル棘下筋

肩を外旋させるインナーマッスル(棘下筋)を鍛えよう

肩から伸びている上腕の骨を、外側に向かって回転させる(外旋)働きをしているのが棘下筋(きょくかきん)というインナーマッスルです。
棘下筋を鍛えるトレーニング種目としては「アウトワード・ローテーション」を使います。

アウトワード・ローテーションを効果的に行っていただくために、今回は棘下筋の働きと構造についてご説明します。

チェック

チェックポイント

棘下筋は背中の肩甲骨のあたりから上腕の骨に向かって伸びていて下の図のように、上腕の外側を巻き込むような形で骨につながっています。

肩を外旋させるインナーマッスル棘下筋

肩を外旋させるインナーマッスル棘下筋

この棘下筋が収縮すると、上腕骨の外側を背中の方に引っ張って上腕骨を外側に回転させる(黄色の矢印の方向)に力が働きます。

ですから、アウトワード・ローテーションは上腕を上図のように外旋させることで棘下筋を鍛える事を目的とした種目になります。
次回はアウトワード・ローテーションの実際の方法について解説します。

[ad#as-01]

関連記事

  1. おにぎりと水筒_02
  2. マッチョな上半身
  3. インナーマッスル
  4. 元気な女性2
  5. 腕の内旋(肩甲下筋)

最近の記事

  1. 丘の上を走るランナー
  2. お腹の肉をつまむ女性
  3. お腹の肉をつまむ女性
  4. お腹の肉をつまむ女性
  5. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP