リンパの流れ改善

安全を確保する加圧トレーニングの工夫

加圧ベルトで腕を締め付けることをとても「怖い」と感じる人もいるようです。

不安だらけ

不安だらけ

しかし、現在の加圧トレーニングはトレーニングに必要な圧力を専属のトレーナーが見極め、対象者に最適の圧力を設定するとともに、加圧ベルトには適度な伸縮性をもつネオプレンが使用されているため、筋肉が収縮して腕や脚が太くなっても一定の圧力を保てるような工夫がされています。

トレーニングのポイント

トレーニングのポイント

トレーニングをする時に筋肉を収縮させると、収縮した部分が太くなります。

ですから、伸縮性のない素材を使用すると、筋肉を収縮させるたびに圧力が上昇してしまって危険な状態に陥る可能性があるのです。
(完全に血流が止まる、血液が不足する、酸欠など)また、伸縮性のない素材の場合は筋肉を収縮させるたびに強い痛みを感じてしまいます。

しかし、現在は圧の上昇や締め付けによる痛みを解決するために潜水用のウェットスーツに用いられているネオプレンを素材として加圧ベルトは作られています。(ネオプレンは優れた伸縮性と耐久性を持っています)

こうした工夫によって、現在ではとても安全で、効果的に行えるトレーニングとして定着しています。
正しい指導のもとで行えば、とても安全で効果の高いトレーニング方法なのです。

安心

安全な加圧トレーニング

さらに、現在は「圧を自動で加える」器具(加圧マスター)も存在します。もちろん、従来通りきめ細かい圧力設定ができるように、インストラクターが対象者に適した圧を選択し、圧力センサー(筋力アップクン)を使って手動で適正圧を調整する方法も行われています。

[ad#as-01]

  1. 安全チェック4
  2. エアロビクス
  3. ダンベル少年
  4. ダンベルプレス
  5. 骨盤底筋群
  6. インナーマッスル-姿勢チェック
PAGE TOP