腹筋トレーニング

インナーマッスルと老化の関係

同じ年齢でも、実年齢よりずっと若く見える人と実年齢よりずっと老けて見える人がいます。
もちろん年相応という人もいますが・・・。

特に30代を超えると5歳、10歳、人によっては20歳も・・若く見えたり、老けて見えたりしています。

「見た目年齢」は

  • シワの状態
  • 頭髪の状態
  • 髪型
  • 服装
  • 行動 など

によって大きく変化しますが、実をいうとインナーマッスルやアウターマッスルの状態も大きく関わっていると言われています。

トレーニングのポイント

ポイント

筋肉は年齢の影響を大きく受ける組織です。
成長期には強くなり、年齢とともに弱くなっていくのが普通です。

しかし、生活の中にトレーニング取り入れ、継続していると、筋肉の強度を保ち活性化しておくことはできるものです。
つまり、

老化 ⇒ 筋肉の衰え

という流れを、

筋肉の状態の維持・活性化 ⇒ 若さの維持

に変えることができるのです。

腹筋トレーニング

筋肉の状態と見た目年齢は強い関係があります。

日常生活に筋力トレーニングを取り入れて、アンチエイジング(若さの維持)を目指しましょう。

特にインナーマッスルは年齢を重ねても鍛えやすい筋肉ですし、道具や場所に縛られずにトレーニングできます。
ぜひ、生活の中にインナーマッスル・トレーニングを取り入れて、いつまでも、健康で若々しい見た目年齢を維持してください。

[ad#as-01]

関連記事

  1. ニー・トゥー・チェスト2
  2. ライイング・インワード・ローテーション
  3. 筋肉痛になった時の対応
  4. 腹横筋
  5. レッグ・アダクション2

最近の記事

  1. 寝ながら・美容
  2. ふくらはぎに手を当てる
  3. 丘の上を走るランナー
  4. 白衣
  5. 体幹トレーニング

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP