加圧トレーニング・カーフレイズ基本姿勢

加圧トレーニング実践編・・ふくらはぎを鍛えて脚のラインを美しく!!

【カーフレイズの効果(腓腹筋、ヒラメ筋)】

カーフレイズはふくらはぎを鍛えられるトレーニング法です。

トレーニングのポイント

トレーニングのポイント

  • 第2の心臓と言われるふくらはぎを鍛えることで、血流量アップと基礎代謝のアップが期待できます。
  • ふくらはぎの位置が高くなることで膝下が長く見え、脚長効果が生まれ、スラリと長い脚に見えるようになるでしょう。

カーフレイズのやり方

  1. 壁に両手をつき体を支えましょう。
    壁に手を着くのはバランスをとるためです。
    壁に寄りかからないように気をつけましょう。
    バランスに自信のある方は壁を使わなくても結構です。
  2. 息を吐きながらかかとを上げてつま先立ちになりましょう。
    まっすぐ真上に押しあげましょう。
    ギリギリまで押しあげてから、あと1ミリ伸ばすつもりでさらに伸ばしましょう。
  3.  一呼吸(0.5秒程度)おいた後に息を吸いながらゆっくり戻しましょう。
    床で行う場合は、床につくすれすれまで戻りましょう。
    ステップ台や雑誌などをの上で行う場合は、つま先よりもできるだけ下まで(無理しなように)下しましょう。
  4. 2→3を繰り返します。
  5. 回数は10回~30回を1~3セット行いましょう。
加圧トレーニング・カーフレイズ基本姿勢

加圧トレーニング・カーフレイズ基本姿勢

  • 加圧ベルトで脚を加圧して行うと、トレーニング後に通常の安静時の290倍大量分泌されると言われている成長ホルモンの働きで、自律神経のバランスが整い、体全体の代謝が促進され、高い効果が期待できます。
  • 脚の3点セットトレーニングを行った後にやってみましょう。

[ad#as-01]

奥村英樹アバター

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体をケアするための資格を持つ心と体のケアのスペシャリスト

関連記事

  1. 胸・バスト1-1
  2. 有酸素運動
  3. プロテイン2
  4. チェック
  5. 加圧トレーニングと寝たきり
  6. インナーのストレッチ

最近の記事

  1. 毛細血管
  2. 加圧サイクルマシン
  3. バランスボールに座る女性
  4. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP