シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

体調とインナーマッスル・トレーニング

シェアする


筋力トレーニングに取り組み始めると、決めたメニューを「完璧に消化」しないと納得のいかない人も少なくないようです。
しかし、体調が悪い時や疲れが溜まっていると感じる時は、積極的に休養をとった方が賢明です。

インナーマッスル・トレーニングは、アウターマッスルの場合とは異なって軽い負荷で行いますし、ヘトヘトになるまで追い込んだりしません。
ですから、体調があまり良くなくても、決めたメニューをこなすことが割と簡単にできてしまいます。

しかし、体調が悪いとトレーニングの効果は下がってしまうという事を知っておいてください。

トレーニングのポイント

トレーニングのポイント

インナーマッスルも筋肉ですから強くなるためには筋繊維が破壊され、以前より強くなって再生される反応(超回復)が必要です。
ですから、損傷を受けた筋繊維をスムーズに再生する必要があって、そのためには体調が万全でなくてはならないのです。

体は病気や疲労などで体調が悪化すると、「体を強くする事」より、「生命維持」を優先する性質があるからです。
細菌によって炎症を起こした組織を再生したり、ウイルスを殺すための抗体を作ることを優先させるのです。

ですから、体調が悪い時のインナーマッスル・トレーニングを行っても(もちろんアウターマッスルトレーニングも・・)、十分な効果が得られなかったり、回復・再生までに普段よりも長時間が必要になるってしまうのです。

このような理由から、体調が悪い時は、休養を優先させ、体調を万全にもどすことを優先し、トレーニングを控えるようにする方が良いと考えられます。

アスリートの腹筋

肉体を強化するためには健康な体が必要です。