シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

インナーマッスル・トレーニング・・痛みや違和感がある時

シェアする


「体の中に弱い部分がある」「動作に悪いクセがある」などが原因で、特定の部分に負担がかかってケガや違和感を引き起こしてしまうこともあります。

例えば、ガニ股で歩く癖がある人は膝や腰に負担がかかりやすく、スポーツなどをしたり、年齢を重ねると膝や腰にトラブルを抱えてしまうことが多いものです。こういった場合も、必要なインナーマッスルを鍛え、歩き方の改善をすることでそうしたケガの予防、改善につながります。

トレーニングのポイント

インナーマッスル・トレーニングを上手に導入すれば、関節の痛みや不具合を改善したり、予防したりするために役立ちます。しかし、トレーニング前から何かの異常がある時は、トレーニングを行うことで症状を悪化させてしまうこともあるので注意しましょう。

症状がひどい場合はインナーマッスルを鍛えるより(リハビリ)よりもまず診断や治療を優先させてください。

痛みがひどいのに無理をして動かせば、そこをカバーするために他の部分に負担がかかり痛めてしまうかもしれませんし、障害が起きている部分をさらに傷める可能性があります。
内部で炎症が起こっているような場合は、トレーニングすることで炎症を起こしてハレている部分がぶつかりあって、さらに炎症がひどくなってしまうかもしれません。

トレーニングとケガの治療

自己判断は危険

医療機関での治療が必要なのか、トレーニングによって改善できるものなのかを自分で判断するのはとても危険ですから、まずは痛みや違和感がある場合は医療機関での診断を優先させましょう。

体を動かして体が温まってくると痛みが和らぐような場合はあまり心配は無いと思いますが、基本的には痛みや異常を感じたら、まず医療機関で診察してもらうようにしましょう。

また、インナーマッスルはアウターマッスルと比べてデリケートだという事を知っておいてください。
トレーニングをして痛みや違和感がある時は無理にトレーニングをしないで、早めの診察をおすすめします。