シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

インナーマッスル・トレーニングを継続するためのポイント

シェアする


インナーマッスルのトレーニングは「鍛えている」という実感やトレーニング効果が短期間では実感しにくいという特徴があります。
ですから、インナーマッスル・トレーニングを継続するためには、知識として、効果や確認ポイントを知っていることが重要になってきます。

筋肉の構造を理解し、動きを実感する

インナーマッスルの筋力トレーニングでは、アウターマッスルの筋力トレーニングのように筋肉の(バーン)や、強い筋肉疲労を感じる事がありません。
(これまでに体験したことのないタイプの疲労感を感じる人もいます)

しかし、鍛えている筋肉がどこにあって、どう動いているかを映像としてイメージして意識したり、体の感覚意識を向けて筋肉の動きを意識的に感じ取ろうとすることで、目的の筋肉を動かしていると「実感」しやすくなります。

行うトレーニングの意味を理解して丁寧に動作を行うことで、体の深い部分で動かしているインナーマッスルがだんだんと疲労してくる感覚を感じ取れるようになってきます。

大切なのは、インナーマッスルはアウターマッスルよりもずっと繊細ですから、アウターマッスル・トレーニングとは全く別のトレーニングだと考えて取り組む方が良いでしょう。

アウター・インナー比較

アウター・マッスルインナー・インナーマッスルの場所や役割の違いを知って動きを意識しよう!!

トレーニングの効果について絶えず意識する

関節の痛みなどの自覚症状がある人なら、インナーマッスル・トレーニングを継続することで症状が緩和されたりして、トレーニングの効果を実感できるかもしれません。

しかし、

  • トレーニングの動きが地味
  • トレーニングへの実感がない

ので頭では分かっていても、十分に取り組めない人も少なくありません。

しかし、継続することで十分な効果を発揮するトレーニングだということを知識として知って、常に意識することで継続しやすくなります。

トレーニングのポイント

トレーニングのポイント

インナーマッスルのトレーニング効果

  • ケガや障害の防止
  • 他のトレーニングの効果を後押しする補助

保険を契約していても、普段はあまり保険を意識することはありませんから、保険の存在感がありませんが、困った時に契約者を助けてくれるので「安心」です。

インナーマッスルも保険と同じで、普段はあまり存在感がありませんが地道に続けていく(契約更新)ことで怪我の防止に役立ったり、ケガをしても程度が軽くなったりするので安心です。
また、他のトレーニングの効果を引き出すための縁の下の力持ちになってくれるので、競技中の後ひと頑張りがしやすくなるでしょう。

ですから、効果を実感しにくくても、その重要性を忘れないように工夫してください。
継続することで発揮される効果を紙などに書き出して目につくところに貼りだしておくと良いでしょう。