シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

加圧トレーニングと心臓/血管/筋力の関係

シェアする


加圧トレーニングと心臓

加圧トレーニングはを取り入れることで心臓の機能を効率よく向上させることができます。
足の付け根を加圧すると、下半身に血液が停滞して上半身の血流量が低下します。

すると、脳は血液が不足していると判断して、血流を増加させるために心拍数を増やすように心臓に命令を送ります。
ですから、足のつけ根を加圧しながらトレーニングをすることで、低強度のトレーニングでも心臓の機能を効率よく高めるためのトレーニングができるのです。

また、実際には体を動かさなくても、運動している時と同じように心拍数が上昇しますので心臓が鍛えらることも注目に値します。
加圧ベルトと心臓・血流

加圧トレーニングと血管

さらに、加圧によって血流制限すると、血液が行き場を求めて体中に新しい血管を作りだすので、血液を運搬する能力が向上します。
これらの理由により、加圧することで

  • 血圧の低下
  • 心筋収縮の増加
  • 脂肪代謝の改善

などが起きて、心臓への負担が軽くなることがわかっています。

加圧トレーニングと筋力

こうしたことから、最近では医師たちが狭心症や心筋梗塞の治療やリハビリにも用いることがあるほどです。

大きな病気になってベッドで安静にしている期間が長引くと(寝たきりの状態)筋肉が委縮してしまいます。
高齢者や慢性疾患がある場合、そのまま筋委縮が進行して起き上がることができなくなってしまうこともあります。

加圧トレーニングのポイント寝ている状態でも足の付け根に加圧するだけで、わずかな負荷でも運動効果が得られるため、リハビリトレーニングに加圧トレーニングを使用する機会が増えています。

加圧トレーニングとアンチエイジング

加圧トレーニングを行うことは血管や心臓を若く保つことに繋がり、血流によって体中に運ばれる栄養や酸素の量が増加させるため、美肌やアンチエイジングにも高い効果があると考えられています。