シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

原因別肥満タイプ

シェアする


原因別肥満タイプ

原因別肥満タイプには

  1. 代謝低下型
  2. 食事問題型
  3. 運動不足型
  4. 環境要因型

の4タイプがあります。

1. 代謝低下型

このタイプは実年齢よりも老けて見える人が多いようです。
無理をして食べないダイエットをするとドンドン老け顔になってしまいます。

肉体年齢が実年齢を上回っていたり、体を動かすのを面倒くさいと感じる人はこのタイプに当てはまります。
また、頑固な便秘体質の人も基礎代謝の低い場合が多いのでこのタイプに当てはまる可能性が高いでしょう。

「食べないダイエット」を繰り返して、筋肉量が激減して基礎代謝のとても低くなっているため、簡単に太ってしまう体質になっています。
また、運動をやっていた人が、全く運動しなくなるとこのタイプになってしまうことが多いようです。

代謝低下型の人は基本的に食べないダイエットはしないようにしましょう。
食べないダイエットをすると筋肉量が低下してさらに代謝を下げてしまいます。

そうなると、さらに老け顔、便秘、セルライトできやすく太りやすい体質になってしまいます。
代謝が低下して、末梢組織での血流、リンパの流れも悪くなって、疲れやすくなるばかりか、肌の色もくすんで見えることになってしまいます。

このタイプの人は、運動量と筋肉量を増やして基礎代謝をアップさせることを考えましょう。
加圧トレーニングは短時間で効果を得られやすいためおススメです。
ジョギング

2. 食事問題型

このタイプは脂肪分の摂りすぎで皮下脂肪が増えている可能性が大です。
塩分の摂りすぎもむくみの原因になってリンパや血液の循環を悪くし、疲れの蓄積や老化の促進につながります。

このタイプの人は体が冷えるとセルライトが目立つようになってしまいます。
温かい格好、体を冷やさない工夫をしましょう。
また体を冷やす食材の代表「白砂糖」の摂取は出来るだけ控えましょう。

むくみやすい人は水分摂取を控える傾向がありますが、水分摂取量が足りないと循環する体液の量が足りなくなって、さらにむくみやすくなってしまいます。
まずは食生活を見直しましょう。塩分のとりすぎには要注意です。
また、ストレスを抱え込むことでツイツイ食べてしまう場合も少なくありません。
そうした場合は、心理カウンセリングを受けるなど心の問題を軽減⇒解消することがダイエットを助けてくれるでしょう。

食事日記をつけて自分の食生活を見直しましょう。脂肪分や甘い物の摂りすぎだけでなく、塩分摂取量もチェックしましょう。
濃い味付けが好きな人はむくみやすくなるだけでなく高血圧症などの心配も高まってしまいます。

ペットボトルを持ち歩いて水分摂取を安定的におこなえる工夫をしましょう。
水分は1.5リットル/1日必要です。

食事はできるだけバランスを考えましょう。
和食中心のあっさりした食事を心がけましょう。
ケーキ

3. 運動不足型

運動も嫌いな人は運動不足から筋肉が少ない体になってしまいます。
筋肉が皮下脂肪を支えていますので、筋肉量の低下によって脂肪重量を筋肉が支えられなって皮膚にたるみが増えてきます。

そうなるとセルライトの量も増えてしまいますし、より運動することが大変になってしまいます。
運動不足は基礎代謝の低下の原因にもなりますので代謝低下型との混合タイプになる人も多く存在します。

このタイプの人は日常生活での動量を増やすことを目標にしましょう。
ちょっとした空き時間を使う、一駅余分に歩くなど運動量を増やす工夫をしましょう。

まず、今まで面倒くさいと思っていたことを「美しい体のため」「健康な体のため」という事を意識して実行しましょう。
どうしても動くことが面倒くさいと感じる場合は、心理学などの補助を受けるためにカウンセリングを受けるのも良い方法です。

万歩計をつけ、1日の歩数を確認してみましょう。
平均歩数が5000歩程度なら、その20%増の6000歩になるように努力しましょう。

なるべく車を使わない、リモコンを使わないなど体を使った生活ができるように工夫しましょう。
ジョギングする女性

4. 環境要因型

  • 矯正下着を日常的につける
  • ハイヒールを長時間履く

などを長期間続けると血流状態を悪化させ、リンパの流れを停滞させ、末梢組織の循環不良を引き起こしてしまいます。

  • 冷暖での冷やし過ぎ
  • 暖房での暖め過ぎ

など、季節感を無視した環境は、人間本来の自律神経のバランス(副交感神経の過緊張、交感神経の過緊張)崩してしまいます。
自律神経系のバランスの崩れやホルモン分泌のバランスの崩れは、脂肪の燃焼しにくい太りやすい体質を招くばかりでなくセルライトなどを増加させる原因にもなります。

できるだけ、体にとって自然な環境で生活をしましょう。
夜のリラックスタイムを大切にして、朝は太陽の光を15分以上しっかりと浴びるようにして自律神経のバランスと分泌系のバランスを調えましょう。

  • 極端に高いヒール靴や補正用の下着はできるだけ避けましょう。
  • 冷暖房の使用も適度になるように気をつけましょう。
  • 部屋の換気をするように心がけましょう。
  • 外出して外気に触れる時間を増やしましょう。
  • 睡眠の質の向上のため、副交感神経を活性化させるためにもリラックスタイムを心がけましょう。
  • 夜は出来る限りゆっくりとぬるめ(42度以下)のお風呂につかって入浴しましょう。

薄着