シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

バルクアップ中の栄養について

シェアする


クエスチョン

トレーニング後の栄養補給では糖質とタンパク質を同時に摂ると良いと聞いたので、チョコレートとプロテインを一緒に摂るようにしています。

また朝と寝る前にもプロテインを摂るようにしています。
プロテインでの1回分のタンパク質量は約21グラムになるように心がけています。

それでもウェイトが増えません。
タンパク質の摂取量が不足しているのでしょうか?

アンサー

パーソナルトレーナー奥村英樹

バルクアップ(筋肉を増量)したい時期にプロテインを21gでは少ないかもしれません。
バルクアップがうまく言っていないなら1回の量を30g〜50g程度に増やしてみてください。

また糖質とタンパク質を十分に摂取しても脂質が不足するとコレステロール不足に陥って、バルクアップに不可欠な成長ホルモンや男性ホルモンが作られません。
バルクアップしたい時期は必ずコレステロールを含む肉類や魚類を十分に食べましょう。

肉類にはLDL(悪玉コレステロール)が多いので、避ける人もいるようですが、LDLはホルモンや神経に必要なエネルギーになるので不足すると筋肉は肥大しません。
もちろん魚類に多いHDL(善玉コレステロール)も必要です。LDLを摂っても体脂肪率が低く健康な人の場合、HDLのレベルに合わせてLDLのバランスを取ろうとするので、HDLのレベルが低いと、LDLのレベルも低くなってしまうからです。

反対にLDLレベルがHDLレベルに比べて高い人も、ホルモン量が低下するので筋肉がつきません。
小粒で未熟なLDLが増えてしまうので、コレステロールを運ぶスピードが低下し、途中で酸化してしまうため必要なホルモンの生産量が低下してしまうからです。
また糖質の取りすぎや質の悪い油(マーガリン:トランス脂肪酸、サラダ油など)の摂り過ぎも、小粒で未熟なLDLを増やしてしまうので注意してください。

バルクアップの時期は肉類や魚類から必要な脂質を摂取して、質の悪い油や小糖質の摂り過ぎやに注意ましょう。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする