シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

トレーニングの種類と実践3

シェアする


加圧トレーニング詳しく

フリーウェイトトレーニング3

加圧トレーニングコーチ

フリーウェイトトレーニングについては以前簡単にご説明しました。
今回はフリーウェイト・トレーニングでバーベルトレーニングを行う際の、グリップの種類とその特性についてお話ししたいと思います。

グリップの種類を上手に使い分けて、効果的で安全なトレーニングに役立ててください。

グリップの種類

グリップには大きく分けて2種類があります。

  • サムアラウンドグリップ
    サムは英語で「親指」のことをいいます。サムをバーにアラウンド(回す)する(親指を巻き付ける)グリップです。
    安定性・安全性が高いグリップです。
    サムアラウンドグリップ
  • サムレスグリップ
    サムをバーにアラウンド(回す)しない(親指を巻きつけない)グリップです。
    ウエイトが手から滑り落ちやすいので、安定性・安全性は低いグリップです。
    サムレスグリップ

マシンを使う場合は手が滑ってしまってもケガをするリスクは低いですし、サムレスグリップの方がサムアラウンドグリップより手首の可動域が大きいため手首への負担が少ないので、サムレスグリップを使うとよいでしょう。

ただし、サムレスでは肘が下がりやすく腋が締まってしまうので、大胸筋の種目などは、肘を開きやすいサムアラウンドグリップの方がやりやすいかもしれません。
また背中をターゲットにした引く種目(プル・ロウ)の時にサムアラウンドグリップを使うと、腕の力を使ってしまいがちなので、サムレスグリップがオススメです。

サムアラウンドグリップを使うと、背中より先に握力や前腕が疲れてしまいやすいので、背中を追い込めなくなってしまうからです。

リストストラップのススメ

サムレスグリップでは支えられないという人は、リストストラップを使いましょう。
リストストラップを使うことで安全性も向上し、より高重量を扱えます。


岐阜市のCoconaトレーニング
お会いできるのを楽しみにしています!

電話するボタン