シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

運動時のエネルギー産生1

シェアする


筋肉での3つのエネルギー供給

細胞内では化学反応によってエネルギーが作られ消費されます。
日常生活と運動時では消費するエネルギーの量や使われ方が異なり、運動中の筋肉では3種類のエネルギー産生がおこなわれています。

  • ATP-CP系
  • 解糖系
  • 酸化系

ATP-CP系

この系統は瞬間的に最大のパワーを発生させるときに使われます。砲丸投げ、走り幅跳び、ウェイトリフティング、バッティングなどがそれにあたります。
細胞にストックされているATPを使います。

ATPからリン酸がひとつ外れてADPになるときに発生するエネルギーを使って筋肉を収縮させます。
ストックされているATPは少ないのですぐになくなってしまうのですが、クレアチンリン酸(CP)によってADPはATPに再生されます。

クレアチンリン酸も高エネルギーリン酸化合物のひとつでリン酸が外れるときにエネルギーを発生させます。
そのエネルギーを使ってATPを再生させるのです。

この反応の過程で酸素は必要ありません。
ただし、筋肉にストックされているATPもCPも少量なので短時間でなくなってしまいます。

ATP−CP系のエネルギー産生

ATP−CP系のエネルギー産生

クレアチンリン酸

アミノ酸から作られるクレアチンにリン酸がひとつ結合したもの。
肝臓で合成され、筋肉で蓄えられます。クレアチンは体内に少量しか存在しません。

肉や魚にも少量含まれますが摂取しにくい栄養素です。
多量にとると肝臓、腎臓、心臓に負担がかかるので試合前や練習の質を特にあげたいときにサプリメントで摂取するとよいでしょう。

ただし、クレアチンは水分を変え混む性質があるので、原料が必要な競技の場合は、その分を考慮してウェイトコントロールするようにしてください。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする