シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

糖質について4(種類)

シェアする


糖質の区別の仕方

糖質の最小単位は「単糖」です。
糖類は「単糖がいくつ繋がっているか」ということや「糖の構造」によって分類することができます。

注目・注意

糖類について

単糖にはブドウ糖や果糖があります。
単糖が2個つながったのが「二糖」で、ショ糖、乳糖、麦芽糖などがよく知られています。

単糖と二糖をまとめて「糖類」と呼ぶこともあります。

オリゴ糖はビフィズス菌や乳酸菌を増やしたり、腸の状態を整えてくれる働きがあるので積極的に摂取すると良いでしょう。
腸の状態が良くなれば、血液の状態が良くなり、体の回復能力、疲労、心肺気の向上にも繋がります。

オリゴ糖の種類

【フラクトオリゴ糖】
ゴボウやタマネギなどの野菜に含まれている糖で、くせがなく、まろやかな甘さが特徴です。善玉菌を増殖させて腸内環境を整える他、ミネラルの吸収促進、骨密度の低下を抑制するなどの効能があります。

【キシロオリゴ糖】
食物繊維を特別な酵素で分解して作られた、低カロリーで虫歯の原因なりにくいオリゴ糖です。少量でも継続して摂取するとビフィズス菌の育成を促進して腸内環境を改善するといった効能があります。

【大豆オリゴ糖】
天然の大豆をもとに分離・精製して作られています。腸内のビフィズス菌を増加促進させ、整腸作用により便通を改善したり、免疫力を向上させる効能があります。

【ガラクトオリゴ糖】
母乳に多く含まれているオリゴ糖でさわやかな甘みを特徴とし、健康食品などでは乳糖(ラクトース)を原料に生産されています。腸内のビフィズス菌の増殖を促進させ他、たんぱく質の消化吸収を助けるといった効能があります。

バナナ

糖質の種類を理解して使いわけよう!

【イソマルトオリゴ糖】
熱や酸に対して極めて強い性質であり、虫歯になりにくいといった特徴があります。ビフィズス菌や乳酸菌といった有用菌を活性化させ、腸内環境を良好に保つ効能があります。

【乳果オリゴ糖】
ラクトスクロースとも呼ばれ、天然のサトウキビに含まれるショ糖と牛乳に含まれる乳糖を原料にして生まれたオリゴ糖です。砂糖に近い自然の甘味が特徴とし、難消化性で高いビフィズス菌増殖機能を持っています。

【ラフィノース】
ビート(砂糖大根)から分離・精製して作られる天然のオリゴ糖で、全く吸湿性がないといった特徴があります。腸内菌叢改善・整腸作用があり、免疫力の向上やアレルギー症状の緩和などといった効能があります。

多糖類について

多糖類にはエネルギーを貯蔵する役割があます。
穀類やいも類など植物に含まれている「でんぷん」や動物の筋肉や肝臓などに存在する「グリコーゲン」があります。
多糖類には、単糖が1万個以上つながったものもあります。

構成

糖質分類

単糖の数

詳細

炭水化物

糖質

糖類

1

単糖類

ブドウ糖、果糖など

2

二糖類

ショ糖、麦芽糖、乳糖など

オリゴ糖

3〜10

フラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、大豆オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、乳果オリゴ糖、ラフィノース

多糖類

10以上

多糖にはエネルギーを貯蔵する役割があり、穀類やいも類などの植物に含まれている「でんぷん」、動物の筋肉や肝臓などに存在する「グリコーゲン」があります。多糖には、単糖が1万個以上つながったものもあります。

食物繊維

水溶性食物繊維

不溶性食物繊維

糖アルコール

構造の一部がアルコール類特有のかたちをしている「糖アルコール」も糖質の一種です。糖アルコールは果物や野菜、海藻、きのこ、そしてワインや日本酒、醤油などの発酵食品にも含まれます。ぶどう糖や砂糖(ショ糖)、麦芽糖などを原料に酵素反応や発酵によって作られた糖アルコールは甘味料としても用いられています。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする