シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

タンパク質について1

シェアする


タンパク質の役割

トレーニングによってダメージを受けた体の組織は48時間から72時間かけて再生し、より強くてタフな組織に超回復していきます。
再生のための材料が必要ですから、トレーニングをするのであれば、通常の生活よりも大量の材料が必要になります。

肉

タンパク質

また、タンパク質は筋肉だけでなく、骨、髪の毛・皮膚・内臓・つめ・血液などの主原料であるばかりでなく、体の機能を調節するホルモン、消化や代謝のために働く酵素、免疫力を高めるリンパ液の成分にもなっています。
エネルギーを作り出し、体の機能を調節し、体を守るためにも大切な栄養素です。
1gあたりのエネルギー量は4Kcalです。

タンパク質の合成と分解

タンパク質は食べ物から摂取するのですが、摂取したタンパク質は消化吸収の過程でアミノ酸に分解されます。
分解されたアミノ酸は血液によって全身に運ばれ、各組織で必要なタンパクしてうに再合成されます。

アミノ酸プール

アミノ酸プール

人の体には約60兆個の細胞があると言われていますが、それらは常に作り変えられています。
古い細胞は分解され、新しいタンパク質が合成され続けているのです。

体を構成するタンパク質の量は成人で体重の約15%(15%〜20%)です。
体重70kgの人なら約10.5kgがタンパク質で、そのうちの約2%(210g)が毎日分解と合成されています。

分解されたタンパク質と同量のタンパク質が合成されることでバランスが保たれています。

タンパク質とアミノ酸

タンパク質はアミノ酸が数珠状にいくつも連なってできています。
体を作るアミノ酸は20種類あって、その配列や長さの違いによって合成されるタンパク質の種類が変わってくるのです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする