シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

高齢期の食事

シェアする


様々な機能が低下してきます

高齢になると嗅覚、聴覚、視覚、味覚など様々な身体感覚機能が低下してきます。
消化吸収機能が低下してくるので、必要な栄養を十分に摂取できなくなってきたり、肺活量、筋肉量、関節の可動域も低下してくるので、転倒して骨折しやすくなったり、ケガからの回復も時間がかかるようになっていきます。

体の水分量が低下するので脱水症状を起こしやすくなったり、便秘をしたりするのですが、口渇感が低下したり、尿意を抑えるために水分の摂取を減らすために、水分補給が不十分になりがちです。
注目・注意こうした様々な機能低下や健康状態の個人差が大きいことも高齢者の特徴の一つです。

また、高齢者で顕著に現れやすいのが骨の状態の変化です。
骨密度が低下して骨粗鬆症になる人が増加します。

骨は破骨細胞によって絶えず古くなった骨を溶かし続けている(骨吸収)のですが、骨芽細胞によって新しく骨を作る(骨形成)能力が低下してくるために骨の破壊と骨の再生のバランスが崩れて骨密度が低下してしまうのです。

特に閉経後の女性は女性ホルモンの量が減少の影響でバランスを骨粗鬆症になりやすいと言われています。
また、加齢による活動量の低下も骨密度低下の一要因になっています。
活動量が低下すると骨密度も低下するからです。

活動量が低下することで骨密度や筋肉量の低下、食事量の減少が起こり、体を動かすことが億劫になることでさらに活動量が減少するという悪循環を起こさないように意識した生活が大切です。

骨

骨の健康を意識しましょう!

食事で気をつけてほしいこと

  • 調理法を工夫しましょう。
    タンパク質を多く含んでいる食材には、たくさん噛まなくてはならないものが多く、敬遠されがちです。
    ですから、高齢者はタンパク質を積極的に摂りましょう。
    タンパク質は体を作るための大切な材料です。
    食材を小さく切る、煮込み時間を長くして食材を柔らかくする、とろみや水分を多くするなど、食材を食べやすくするための工夫をしてください。
  • 少量で必要な栄養を摂れる工夫をしましょう。
    少量で十分に栄養が取れるように、高エネルギー、高タンパクの食事を心がけましょう。
    牛乳や豆乳は不足しがちな水分も一緒に取れるのでオススメの食材です。

    高齢者

    水分、タンパク質、活動量

  • 腸内環境を整えましょう。
    便秘を予防して排泄をスムーズにするために食物繊維を十分に摂りましょう。
    また、プロバイオティクスと呼ばれるヨーグルトなどを積極的に取り入れましょう。
    プロバイオティクスとは、腸内環境を改善する腸内細菌のバランスを整える微生物のことをいいます。
    最近ではこの微生物を含むヨーグルトや乳酸菌飲料などもプロバイオティクスと呼ばれています。
  • 生活習慣を見直しましょう。
    骨を作るにはカルシウム、タンパク質、ビタミンDなどが必要ですし、適度な運動量も必要です。
    買い物、散歩などの時間を意識的に摂るようにして活動量を増やしながら太陽の光を浴びる時間をとりましょう。
  • 水分をこまめに摂りましょう。
    喉の渇きに気づきにくくなっているので、自分の感覚に頼らず、一定時間ごとにこまめに水分を摂るようにしましょう。
    トイレに行くのが嫌だからといって水分を控えてしまうと脱水症状を起こしやすくなるばかりでなく、脳梗塞などのリスクも高まってしまいます。
    散歩や運動をするときなどは特に多めに水分補給をするようにしましょう。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする