シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

スポーツ選手のエネルギー必要量の考え方

シェアする


エネルギー収支のバランス調整力をつけよう!

スポーツ選手の必要エネルギー量は、トレーニングの内容、時間、目的によって異なってきます。

ポイント摂取エネルギー量と消費エネルギー量の差をエネルギー収支と言いますが、減量が目的であれば摂取エネルギー量を不足気味にしてエネルギー収支を0より少し低くしなければなりませんし、筋肉の増強が目的であればエネルギーを少し多めに摂ってエネルギー収支を0より少しだけ多めにする必要があります。

ただし、エネルギー量が多すぎると体脂肪が増加してしまうので注意が必要です。

また、体重を維持したいのであればエネルギー収支が0になることが必要です。
エネルギー収支のバランスを把握するために、体重、体脂肪率、内臓脂肪、筋肉量、食事内容と量、トレーニングの内容と量を記録しておくことが役に立ちます。

記録しておくことで予測と違う結果(体重の増減など)をあとから振り返り微妙に調整できるからです。

バランス

エネルギー収支

たとえば、体重を維持するつもりでトレーニングをしていたのに、1ヶ月で体重が1Kg増加してしまったとします。体脂肪1kgは7200kcalですから、1日で約お茶碗1杯分(252kcal)余分に食べていたことになります。(正確には1日240kcal余分)

もし、記録がつけてあれば、余分に摂ってしまったエネルギーを

  • 朝昼晩の食事、間食のどの部分でどれぐらい削れば良いか?
  • どんなトレーニングを組み入れることで消費するか?

を慎重に検討し、今後の食事やトレーニングのメニューを組み立てるために役立てることができます。

ちなみに、エネルギー収支の調整に役に立つので、体重(kg)×移動距離(km)がおおよその消費カロリーとなることを覚えておきましょう。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする