シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

スポーツ選手の運動種目別のエネルギー必要量の求め方

シェアする


スポーツ選手の生活活動代謝

スペーツ選手の身体活動レベルは「高い」に当てはまります。
基礎代謝1600kcalの男性選手であれば、1600kcal×2.0で3200kcalとなり、1日3200kcalとなります。

火の玉ボーイ

自分の代謝量を知っておこう!

しかし、スポーツ選手は一般の方とは比べものにならないぐらいハードな練習を毎日続けています。
ですから、スポーツ選手の必要エネルギー量(生活活動代謝)は、トレーニングの量を考慮に入れて考える必要があります。

練習して体を作る時期に消費するエネルギー量の種目別の目安が以下の表です。

種目別の1日あたりのエネルギー消費量

1日のエネルギー消費量

種目

2500〜3000kcal

陸上(短距離走、跳躍)、体操、卓球、バドミントン、水泳(飛び込み)、フェンシンング、アーチェリー、スキージャンプ、射撃

3000〜3500kcal

テニス、バレーボール、ボクシング(軽、中量級)、サッカー、ホッケー、バスケットボール

3500〜4000kcal

陸上(中・長距離走)、野球

4000〜4500kcal

水泳、ラグビー、アメリカンフットボール、自転車(ロード)、レスリング(軽量級)、ボクシング(重量級)

4500〜5000kcal

ボート、スキー、レスリング(中・重量級)、柔道(重量級)、相撲
この表は男性の消費カロリーの目安です。女性の場合は数値の80〜90%程度になります。
時間ごとの生活活動消費エネルギー、運動種目別の消費エネルギーを調べたい方はこちらのサイトが便利です。

もちろん、この表は目安なので、練習内容や練習時間、運動位強度によって消費エネルギー量は変わってきます。

また、柔道などのように強いパワーが必要な競技では練習で筋肉をつけなくてはいけません。
筋肉量が増えると基礎代謝量も増加します。さらに、同じ競技でも性別で体格差がありますので消費エネルギー量に差が出ます。

女性は男性と比べると体が小さめなので、消費エネルギー量は男性の80~90%程度になります。

子供(小中学生)の場合は消費エネルギー量に成長に必要なエネルギー量が加算されますので、スポーツ種目の別は考えず身体活動レベルを「高い」として考えれば良いでしょう。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする