シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

ストレッチ(肩まわり:立ち姿勢ストレッチ)

シェアする


ストレッチ(肩まわり:立ち姿勢ストレッチ)

ストレッチ(肩まわり:立ち姿勢ストレッチ)

腕周りストレッチ立位1

腕周りストレッチ立位(体側)

片腕をまっすぐにあげて反対側の手で手首のあたりを軽く持ちます。
大きく息を吸って吐きながら腕を上に引き抜くようなイメージで伸ばした方の腕と反対側に倒していきましょう。
腕を入れ替えて行ってみましょう。

腕周りストレッチ立位2

腕周りストレッチ立位(前方)

肩腕を前方にまっすぐに伸ばしたまま内側へと肩から曲げていきましょう。
反対の腕を肘のあたりに引っ掛け、大きく息を吸って吐きながら腕を引きつけていきましょう。

肩が前に出たり、骨盤のあたりから前方にでてしまわないように気をつけましょう。骨盤と胸を前方にしっかりと向けたまま腕を引きつけていきましょう。

腕を入れ替えて行ってみましょう。

腕周りストレッチ立位3

腕周りストレッチ立位(前方腕曲げ)

肩腕を前方で曲げて反対側の腕で肘のあたりを引っ掛けます。
大きく息を吸って吐きながら腕を引きつけていきましょう。

肩が前に出たり、骨盤のあたりから前方にでてしまわないように気をつけましょう。骨盤と胸を前方にしっかりと向けたまま腕を引きつけていきましょう。

腕を入れ替えて行ってみましょう。

腕周りストレッチ立位4

腕周りストレッチ立位(肘持ち)

肩腕を上にあげて肘を曲げて手のひらを首の付け根のあたりに当てましょう。
大きく息を吸って、吐きながら腕反対側の手で曲げた腕の肘のあたりを持って曲げた腕と反対側に向かってひっぱりましょう。

腕を入れ替えて行ってみましょう。

腕周りストレッチ立位5

腕周りストレッチ立位(肘持ち揺らし)

両腕を上にあげて反対側の腕の肘のあたりを軽く握りましょう。
大きく息を吸って、吐きながらゆっくり腕を左右に揺らしましょう。

腕周りストレッチ立位6

腕周りストレッチ立位(壁ひねり)

手のひらを壁について固定したら、大きく息を吸って、吐きながら腕とは反対側に少しずつ体を回転させていきましょう。
腕の付け根と胸のあたりが痛気持ち良いくらいまでひねっていきましょう。

腕を入れ替えて行ってみましょう。

トレーニングに入る前にストレッチをしましょう。
ストレッチをすることで固くなった筋肉や腱、筋膜などをほぐして血流をアップさせておきましょう。

加圧トレーニングは強い負荷を使わないですし、室内で行う場合が多いので、怪我をしにくいトレーニングですが、しっかりストレッチをする事で怪我をしにくくなりますし、トレーニングする筋肉を意識しやすくなりますので、丁寧にストレッチをしてください。

1つずつストレッチの仕方をお伝えしますので、トレーニング前に行ってみてください。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。