シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

加圧トレーニング・・超高頻度トレーニング

シェアする


超高頻度トレーニング

下半身の筋肉を対象として、強度を1RM(1度だけ持ち上げられる最大負荷)の約20%で朝晩2回の加圧トレーニングを毎日行った実験があります。

この実験では2週間という短期間で約8%筋肉が増加しました。

トレーニングのポイント

ポイント

通常、筋力トレーニングでは筋肉が増加する前に筋力が強化されるので、筋肉の増加が確認できるまでに、最低でも10週間程度が必要だと言われています。

つまり、加圧を用いたトレーニングは、通常の筋力トレーニングの常識では測れない結果をもたらすということです。

そもそも、通常の筋力トレーニングでは筋力の強化や増加のためには超回復が必要で、そのためには24時間から48時間が必要とされています。
週2~3回を超える超高頻度トレーニングを行うと筋肉がダメージから回復せず、かえって弱く、小さくなってしまいます。(オーバートレーニング)

なぜ加圧トレーニングでは超高頻度トレーニングが可能なのか?

  • 負荷が極めて低いこと
  • 超回復の時間が必要ないこと
    筋肉を破壊せずにトレーニングを行えるため
    疲労を蓄積しにくいこと
  • 効果の要因がトレーニング時の負荷強度だけではないこと
    神経⇔筋肉活動、ホルモン、成長因子など

が原因だと言えるでしょう。

バランスボールトレーニング

超高頻度トレーニング

もちろん、疲労の蓄積率、体の回復力には個人差が大きいですから、全ての人に対して高頻度トレーニングが有効だとは言えませんが、通常のトレーニングよりもトレーニングを行うことが加圧トレーニングでは可能だと言えるでしょう。

ただし、疲労の蓄積率、体の回復力には個人差が大きいですから、週1、2回程度をスタートとして、疲労の蓄積度、トレーニング効果を見極めながら、自分に合ったトレーニング頻度を専門のトレーナーのアドバイスを受けながら見つけていくようにしましょう。


このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。