シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

肩甲骨を動かす肩のインナーマッスル(僧帽筋と菱形筋)3

シェアする


次回ご紹介するバック・ウェスト・エルボーアップでは、

  • 背骨と肩甲骨をつないでいる菱形筋
  • 背中を広い範囲で覆っている僧帽筋(一部)

というインナーマッスルを鍛えられます。

トレーニングのポイント

トレーニングのポイント

僧帽筋は厳密に言うとインナーマッスルではないのですが、肩の位置を調節する時に重要な働きをする筋肉です。

まずは僧帽筋より内側についている菱形筋について説明します。
菱形筋は背骨と肩甲骨の間をつないでいる筋肉です。
肩甲骨を背骨へとひきつける働きがあります。

菱形筋とその働き

菱形筋とその働き

そして、菱形筋の上を覆っているのが僧帽筋です。
菱形筋は僧帽筋に隠れて見えなくなっています。
上部は、肩甲骨の後退、持ち上げ、上方回旋、中部は、肩甲骨の後退、下部は、肩甲骨の後退、下垂、下方回旋に関係しています。

僧帽筋

僧帽筋とその働き

菱形筋が背骨の方に向かって、僧帽筋の上部と中部が肩甲骨を背骨の方に向かって引き寄せるので、バック・ウェスト・エルボーアップでの肩甲骨の動きは以下のようになります。

バックハンドプッシュの肩甲骨の動き

バック・ウェスト・プッシュアップの肩甲骨の動き

[ad#as-01]