シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

加圧トレーニングと体位の関係(循環系の変化から)

シェアする


体位が変わると循環系も大きく影響を受けます。

トレーニングのポイント

トレーニングのポイント

仰向けに寝ている状態から立ち上がると、体は重力の影響を受け心臓や肺にあった血液が下半身に向かって移動して、下半身の静脈が拡張して血液下半身の静脈に溜まります。

ですから、心臓より上にある血管では血圧が低下します。反対に、心臓より下ある血管は血圧が上昇して、成人では下半身の静脈圧が約90mmHgも上昇すると言われています。

そうなると心臓へ血液の戻る量(静脈還流量)著しく減少して、1回の鼓動で心臓から血液が送り出される量(抽出量)が減少するので一過性の血圧低下が起きてしまうことがあります。
それを補い、心臓に戻る血液の量を増やすために、交感神経の働きが活発になって心拍数と血圧が上昇します。

こうした働きによって血圧が回複し維持されるのです。
この現象は動脈でも同様に起きるので動脈と静脈の圧にはにはほとんど差は生まれません。

つまり、寝ている状態と立っている状態では血圧に差が生まれるということです。
ですから、加圧トレーニングを行う場合、立って行うメニューを中心とした方が効果が高くなるということです。

加圧トレーニングと体位

加圧トレーニングの圧の設定と体位の関係

そして、コア(体幹)トレーニングなどのように寝た状態(仰向け、うつ伏せ、横向き)では、立位で行うトレーニングと比べて圧による効果が出にくくなるため、立位で行うトレーニングと、寝た状態で行うトレーニングを併用する場合、メニューを立位、寝た状態で区別し、圧の調整を行う必要があるということです。

インナーマッスル・トレーニングやコア・トレーニングを行う場合、寝た状態で行うトレーニングメニューも多いですから、寝た状態で行うトレーニングメニューは、

  • 加圧トレーニングと区別して加圧トレーニングの前後に取り入れる
  • 立位で行うトレーニングと寝た状態で行うトレーニングをグループ分けして、立位、寝た状態で圧の調整を行う

といった工夫が必要でしょう。
こうしたトレーニングを行う場合は、加圧トレーナーに相談して最適な圧を調整しながら行いましょう。

[ad#as-01]