シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

体幹トレーニングとインナーマッスル

シェアする


「体幹トレーニング」という言葉が最近では注目を浴びています。
しかし、体幹トレーニングについてどんなトレーニングなのかを知っている人は意外と少ないようです。

ここからは

  • 体幹とは何か?
  • 体幹を鍛えることで得られる効果
  • 体幹トレーニングとインナーマッスルの関係

などについて考えてみましょう。

体幹ってなんだろう?

「体幹(たいかん)」が体のどの部分を指しているのかを知っていますか?
体幹とは文字通り「体」の「幹」、つまり、体の中心を支えている部分です。

上に向かって真っすぐに伸びた一本の大木をイメージしてみてください。

大木

真っすぐに伸びた一本の大木

木は、幹(みき)と枝や葉っぱ、根に分けることができます。人間に当てはめてみると、足が根の部分、枝葉が頭や手足、胸や腹、お尻などの部分が幹だと考えることができます。

そして、体幹は、手足や頭(枝葉、根)をのぞいた体の胴体(幹)の部分のことをいいます。
体幹にもアウターマッスルとインナーマッスルがあり、体幹トレーニングでは両方の筋肉を鍛えます。

体幹とは

体幹とは

体幹トレーニングの効果

体幹トレーニングの効果は、大きく分けると2つあります。

  • 姿勢やスタイルが良くなる
  • スポーツ能力の向上

体幹トレーニングの第一の効果は、体幹が強くなると姿勢やスタイルが良くなるということです。
普段はあまり使われず、弱くなっている姿勢維持のためのインナーマッスルを鍛えることで、お腹が引き締まったり、背筋を真っすぐ伸ばすことが楽になって、見た目が良くなります。

また、スポーツ能力も向上します。スポーツ能力を向上させる1つの要素は、「体の各部の筋肉が生み出す力を効率使うこと」があります。
例えば、ボクシングでパンチを打つ時も、下半身の回転力を腕の動きにスムーズに連動できれば速く、強いパンチが打てます。

逆に、体の軸がブレたり重心が偏ったりすると、筋肉が同じ程度の力を生み出しても、大振りで弱く、軌道の変えやすいパンチになってしまいます。
体幹は力を連動させるための軸になるので、体感が弱く、ブレやすいとあらゆるスポーツで能力を発揮できなくなってしまいます。

最近では、野球、サッカーを始めとしたプロスポーツ選手が体幹トレーニングを取り入れています。体幹トレーニングによってスポーツ能力が向上するという1つの証になるでしょう。

体幹トレーニングを続けると、体が引き締まり、姿勢が良くなり、運動能力も向上しますので、一般の方でも、継続することで、見た目が美しくなり、動作がスムーズになることで、エレガントに見えるようになります。

トレーニングのポイント

トレーニングのポイント

しかし、体幹トレーニングは、とても地味で、効果を感じるまで時間がかかるというのも特徴です。
そして、実際やってみると見た目よりずっとハードなものだと感じます。

体幹の筋力は、日常生活や通常のトレーニング、筋力トレだけではなかなか身につかないからです。
ですから、体幹トレーニングを始める場合は、

  • 焦らない
  • 無理をしない
  • 目標をシッカリ持つ

といったことが大切です。

地味で、キツイトレーニングですが、長期継続することで、姿勢の良さ、スタイルの美しさ、高い運動能力を保てるようになりますので、若さ、美しさの維持、ケガの予防などにもつながります。

日常生活の中に、少しずつ体幹トレーニングを取り入れていってください。

[ad#as-01]